胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

平々凡々ゲームプランナーの挫折と頑張り方

 

こんにちは吐瀉夫です。

 

ハロウィンとか関係なく、

今日は深夜対応があるから午前休。

 

せっかく時間あるからブログでも。

 

という事で、やっと

プランナー観を書いてみます。

※あくまで僕なりのものです

 

ゲームプランナーって大きく分けて

・天才型

・凡才型

がいると思うんですね。

 

もちろん、僕は凡才型でした。

ただ、ゲームプランナーになる人って
天才型を自負、もしくは目指している人が多いんじゃないか。

って僕は思っています。

僕もそうですし、そうでした(笑)

 

ただ、天才ってのは天才だから天才で、

目指してなれるものでもないんですよね。

 

そして比較的ゲームプランナーは

内向的な人が多く、黙々と仕様を切り、

クオリティの高いものを生み出して

天才として評価されるのを期待している…

 

しかしながら、世の中のプランナーの大多数は凡才型なので、

天才と同じように働いても上手くいかないんですよね。

 数字・数学にさほど強くない。

タイトルはプレイしてるが、重課金者の思考・プレイを先回りして考えるも他の天才プランナーや、チーム内の古株より秀でた仕様が上がらない等…

 

ちなみに僕の場合は、黙々と仕様を切り

一言も喋らず、エキスパートを目指していましたが

全く、GOをもらえる仕様に出来ず潰れました(笑)

 

 

 

僕の場合はいきなり最初から

プランナー兼ディレクターをやらされたから

無理な部分もあったと思うんですが、

 

天才プランナーでもない限り、

現場で圧倒的成果を出せないので、

凡才プランナーはディレクターを目指していくキャリアプランが必要だと思っています。

※もちろん天才型もディレクターになっていきます

 

僕は自分が天才型じゃないという事を

しっかりと知ることが出来ました(笑)

同期や先輩にそういう人がいたので当時悔しかったです…

 

しかし、この業界で生きていく

他の形でも良いから評価されたい

そう決めたからには、

どういう立ち回りをすべきかを考えて

それからは動いていきました。

 

チームを回す、ブリッジ・折衝役としてのプランナーとして活躍することが生き残るカギと思ったからです。

 

コミュニケーションが苦手でも

仕事だから、やらざるを得ない。

天才とは違う武器で戦わねばならない。

 

当時、そう思って仕事していたなぁ…

 

次回はこの点について

掘り下げて書いてみようと思います。