胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

ASUS Chromebook Flip C101PAレビュー【後編】

 

こんにちは!吐瀉夫だよ!(ニカッ)

 

ということで前回の

に引き続き、今回は

Chromebook Flip C101PAのレビュー後編です!

 

f:id:tosakax:20171223213751j:plain

ちなみに僕は自宅で作業する際、この様にマウスを接続するんですが

 

そうなんです。

USBポートが全て本体右側に備わっているのです。

f:id:tosakax:20171223213939j:plain

このように右側手前から

・USB 3.1 Type-C

・イヤホンジャック

・USB 2.0 Type-A

・microSDカードスロット

間が空いて

・USB 3.1 Type-C

 

となっています。

※USB 3.1 Type-Cは充電ケーブルでも使用します。

 

とまぁ、この様に右側に外部端子が集中しているので、

手狭なデスクだと使いづらい可能性も…?

 

唯一、僕が気になるChromebook Flip C101PAの

欠点らしい欠点と言うとこれくらいかなと思っています。

 

さぁ…そして本体左側と行きましょう!

f:id:tosakax:20171223214715j:plain

本体左側は画像左より

・充電ランプ

・電源ランプ

・ボリュームボタン

・電源ボタン

と、かなりシンプルにまとまっています。

タブレットに近しいかな?

 

ボリュームコントロールや電源ボタンはキーボードにもあるんですが、

タブレットモードでの使用の際は、キーボードが効かないので

こちらを使用することになります。

 

また、Wi-Fi規格なんですが
IEEE802.11a (54Mbps)
IEEE802.11b (11Mbps)
IEEE802.11g (54Mbps)
IEEE802.11n
IEEE802.11ac

に対応とのことなので、僕は「11a」・「11b」・「11g」・「11n」の規格より

速い速度で通信が可能な「11ac」でネット接続して操作しています。

※Wi-Fiルーターが「11ac」対応であることが前提になります。

 

ちょっと古いスマホだと「11ac」対応してないものも多いから

帯域を奪い合わなくて良いですしね。

 

ちなみに我が家では

タブレットとChromebookのみを「11ac」で接続。

スマホはその他って感じで分けています。

※デスクトップPCは有線接続。

 

ようやくChromebookにも慣れてきたので、

より良い使い方を模索していきますよ!


使いやすいパソコンが欲しいなら... さぁ、Chromebook

ChromebookのTVCMを2020年になってからGoogleも実施していて、先行して普及が進むアメリカに続いて、日本でもコロナウイルス対策でGoogleがChromebookを無償提供するなど、メチャクチャ本気で取り組んでいます。

これからどんどんChromebookが広まってほしいものです。

※その他のChromebookの記事はこちら