胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ざっくりレビュー

 

こんにちわんこそば!吐瀉夫だよ!

 

ということで、見てきました!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ


「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の続編となる本作。

 

「フォースの覚醒」でやっとの思いで

”伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーの

居場所へとたどり着いた主人公レイ。

そこでライトセーバーを差し出すシーンで

前作は幕を閉じましたね。

 

本作はそのまま、そのシーンから

引き継ぐことになります。

  

なぜカイロ・レンが暗黒面に落ちたのか、

なぜルーク・スカイウォーカーは姿を消したのか、

そしてレイの出生の秘密が明らかになる本作。

 

全然ガチ勢でも何でもなかったんだけど、

これまで全作見てましたし

エピソード1以降は全て

劇場で見てきたんで今回も見逃すわけには行かず…!

 

f:id:tosakax:20171230091305j:plain

 

今回、賛否両論の激しい作品だったのですが

色々ドキドキしながら見に行きました。

 

正直、大好きな映画ですし、ファンの多い映画ですから

ネタバレをしたくなく!!

 

僕の率直な感想だけ記載したいなと思います。

 

まず、第一の感想として

きちんと面白いスター・ウォーズ最新作!

いやー、流石にSF映画の金字塔スター・ウォーズ。

間違いないです。いつだってハラハラドキドキ。

特に戦争らしい戦争感が今回強く、

色々思うシーンがありました…。

 

 

 

次に大きく感じたのが

良くも悪くも映画=大衆娯楽を実現?

ルーカスフィルムがディズニーに買収されてから

制作が進行している新スター・ウォーズですが、

 

ローグワンに続きハン・ソロのスピンオフなど、

ファンを楽しませる作品をガンガン押し出していく

姿勢だけではなく、

 

映画自体も

沢山の人が楽しめるような心配りを大きく感じました。

 

キャストも主役に女性、準主役に黒人、

今作のメインキャラには黄色人種と

人種・性別分け隔てなく登場していて、

今までと違うなと感じました。

 

あとは古いスター・ウォーズにはあまりなかった

ギャグじゃないけど、少しフフって笑える

ユーモアのあるシーンもちょいちょいあって、

 

良い意味で大衆娯楽である映画としての

立ち位置もキチンと確保している気がします。

 

これは従来のSF作品としての

スター・ウォーズファンの方には

受け入れたくない人もいるのかも

知れませんが、僕は馬鹿なのでこういうの好きです(笑)

 

そして最後のシーンを含めて抱いた感想。

最後のジェダイの意味とは?

これまでスター・ウォーズは

ジェダイと共にあった映画だと思っていました。

違ったんですね。

 

スター・ウォーズは

フォースと共にあったのです。

 

そしてフォースは

全てに宿っているのです。

 

ここまでが僕の言える感想です(笑)

ぜひ見てほしいですが、

僕は馬鹿なので前作の内容うろ覚えだったからか

ちょっと前作を見直したいと思いましたw

 

お時間がある方は復習されてから

臨んでみるのも!!

 

僕も年末年始でスター・ウォーズシリーズを

見直すことにしますw