胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

無線LAN中継機TP-Link RE200を導入してみました

 

こんばんわ吐瀉夫だよ!

 

前回の記事でも書いたんですが

tosaka.hateblo.jp

 

ASUS Chromebook Flip C101PA-OP1を

デュアルモニタにしたのですが、

 

このモニタは今は使用頻度ガタ落ちの

デスクトップPC用のモノのため、

 

作業部屋にChromebookを持っていって

接続して使っているのです。

だから中継機の導入を検討していました 

作業部屋は、我が家において

ルーターの真裏にあたる位置にありまして…

 

デスクトップPCも有線で接続していたのです。

 

そんな部屋でChromebookを使用しようとすると

やはりなかなか回線速度が悪く…

 

お仕事でゲームを立ち上げて

何かしたら操作することが多いわけですから

 

そりゃもう通信の連続で、

複数アカウントによる動作検証なども

あたり前田のクラッカーですよ!

(古い!昭和!はい皆さんご唱和!)

 

 

 

ということで早速Amazonで検索…!

人生で初めての買い物なので、

とりあえず調べたところ…

 

ルーターより規格が低いと、中継器を通して接続した場合、

中継器の規格への接続となるため、現在の11ac規格は確実に保ちたいと判断。

 

さらに、この作業部屋だけでの接続のため

あまり広範囲への出力もいらないと判断。

 

そこでお値段もそこそこ、なるべくPCに疎い自分にも

簡単に設定出来そうなものを探しました。

 

 

それが!

 

こちら!!

TP-Link RE200

参考価格: ¥ 4,946 
価格: ¥ 2,990 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,956 (40%)

※当記事投稿時のものです

 

結構、値段に惹かれたのもありますが

11ac対応なだけでなく、

 

コンセントに挿したら、

ルーターのWPSボタンと本製品のボタンを押すだけで

設定が完了するという親切設計!

 

つまり…

 

設定が簡単で僕でも出来る(涙

f:id:tosakax:20180120184249j:plain

いざ、開封!太一くんも興味津々

しかもこの商品、有線LANポートも内蔵してるため

有線LAN対応してない機器や、有線接続をしたい端末が

ルーターから離れているときにも活躍してくれます。

 

f:id:tosakax:20180120184313j:plain

正面パッケージはこんな感じ

さらにデュアルバンドWIFI対応で、

端末〜中継器間:2.5Ghz

中継器〜ルーター間:5Ghz

といった接続も取れるそうで、帯域の混雑を抑えられる効果が期待できるそうな。

f:id:tosakax:20180120184220j:plain

内容はこんな感じ

シンプルで、ほんとにコンセントに挿して

少し待つと起動します。

 

 

 

さぁ…いざ設定。

 

ここで設定をした後に気づいたんです。

 

WPSボタンを押す簡単設定じゃない

ルーターのパスワードを入力する方式で

設定をしてしまった…

しかもそれもあんまり難しくなかった…。

 

でも何のために簡単な設定が出来るものを買ったんだ…(笑)

 

でも、今度からこいつ持っていけばどこでも使えるもんね!(涙)

 

 

 

ちなみに気になる回線速度を図ってみました。

 

【中継器を使わない場合】

1.NTTPC(WebARENA)1: 8.51Mbps (1.06MB/sec)

2.NTTPC(WebARENA)2: 6.25Mbps (781.61KB/sec)

推定転送速度: 8.51Mbps (1.06MB/sec)

 

【中継器を使った場合】

1.NTTPC(WebARENA)1: 21.89Mbps (2.74MB/sec)

2.NTTPC(WebARENA)2: 3.63Mbps (453.1KB/sec)

推定転送速度: 21.89Mbps (2.74MB/sec)

 

転送速度が8Mbpsから約3倍の21Mbpsに!

 

いやー…それでも回線速度が低すぎる(涙)

ルーター自体の見直しも必要そうですが、

回線速度が上がったのでまず良しとします(笑)

 

と、まぁ中継器買って成功だったかなと!