胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

ストレスフリーに仕事をしたい社畜の考え

 

お題「これって私だけ?」

 

こんにちわんこそば!

吐瀉夫です!

 

最近、上司や部下と仕事との向き合い方を

話す機会があり、普段から思っている事をちょっとまとめてみました。

 
仕事って人生において
大部分を占める重要な存在だと僕は思います。
 
実際一日の半分を仕事に費やしてるわけだから
仕事選びに妥協したくない。
内容とかではなく、心的疲労的な意味で。
 
やっぱり心穏やかに仕事も過ごしたい
もしくは充実感を感じれるような
ポジティブな気持ちになれる状態でありたいですよね。
 
何も考えないで楽にこなせるだけの仕事でも
良いかも知れませんが
それを続けてると成長を感じれなくなったり
モチベーションが続かなかったりしてしまうわけで。
 
そうなるとやりたい仕事や好きな仕事に就きたいと
普通は思うのかもしれません。
 
だけど、好きな仕事・やりたい仕事に就くことってなかなか難しい。
 
せっかく就けたとしても
実際、働いてみると想像とやっぱり違った…
なんてよくある話だし。
 
だから僕は、
 
それならば「仕事」を好きになれば
人生がかなり幸せになるんじゃないかな
 
って思ったんですよね。
 
今の仕事は辛いこともいっぱいあるし、
プライベートな時間もなかなか取れないし、
不満に思うことはありますが…
 
それでも、好きだなと思うわけです。
 
簡単に好きになることは難しいかもしれませんが
普段から、考え方を変えることで物事の解決を図ったりします。
 
例えば、先日…ここ数年の仕事で
一番厄介な問題に遭遇したんですが
 
そりゃあもう厄介過ぎて朝から出社したくない病になるほど。
 
でも休んだって解決にならないし、
かといって上司に助けてもらっても
自分の評価に響くし、なるべく自分の裁量の中で解決したい。
 
そもそも仕事を好きになるには、
成果を上げて、評価を受け、それに納得出来ないと
その気持ちって維持できないので、
厄介でも自身で解決に向けて動くしかないのです。
 
厄介な問題に対して、あー面倒だなと思って取り組むより
 
どうせやらなきゃいけないんだ
それならとことんやったらぁ!
 
と前向きな姿勢で取り組めば
スピーディーに、かつ積極的に解決案を出していけるし
モチベーション高く、業務をやれるので
心労も少なくて済むし、評価も高くなるでしょう。
 
自分に出来ること・出来ないことは
どうしてもあるし、仕方ないことですが、
気持ちの持ちようで結果が変わってくる可能性があるなら
そこをコントロールしていくのは良いことですよね。
 
前職で心の病になってしまったからこそ
この点を重視して今は仕事しています。
 
 
病は気からというけど、
心の病も気からですね(笑)