胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

よつばと!がもう連載15週年という事実に驚愕した話

 

こんにちわは!

オッス!オラ胃もたれ沢 吐瀉夫!
朝の歯磨きでえづいて目が覚める32歳だぞ!

ということで題名通り、

よつばと!の新刊が遂に出たということで…

 

13巻以来…3年ぶりの新刊!!

f:id:tosakax:20180503190522j:plain

 

うおおおおおお!

相変わらずセンスの有る帯!!

 

再び、よつばと!の世界に足を踏み入れられると思うとワクワクしますね。 

 

 

 

これが2003年の作品だったなんて…。

 

今回、よつばと!連載15周年という事を改めて考えて

読んでみたところ、少し思うことがありました。

 

相変わらず、世界が驚きと輝きに満ちて

日常が毎日特別な一日だったあの頃を

思い出させてくれるこの物語。

 

いつでもよつばと!を読んでいると

日常から一歩離れて、日常を感謝出来る気持ちになれるので

疲れた時に読んで、力をもらってます。

 

 

 

10代だった僕も、子供を見ると

15年の前のような感情ではなく、

大声で泣いてるような他所のお子さんでさえ

なんだか優しい気持ちで見守れるようになりました(笑) 

 

小さな子供って、

きっと今の自分とは違って

 

いろんな事に

全力で怒って、全力で悲しんで、全力で喜んで

全てに全力でぶつかってるんだと思います。

 

だから、少しでも

小さな子供と触れ合う機会があれば

 

全力で受け止めてくれる、そんな子供たちには

わずかしか無い子供時代の思い出に

少しでも華を添えられるようにと

何か喜んでもらえるよう努めています。

 

そんな風に自分が変わってしまった事に改めて驚きながらも

15年経ったこの作品でよつばがこの先

どのように変化していくのか楽しみでもあり、

また変わっていくかとしたら、少し寂しいなとも思いながら

物語の続きを楽しみにまた仕事を頑張ろうと思います。