胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【9/22開始】Amazon Kindleの無料コミックキャンペーンで買った(?)漫画を晒してみる【期間限定】

 

オッス!オラ吐瀉夫!

漫画がガソリンとも言えるくらい漫画を読んでいるオジサンだ!

現在Amazon Kindleで100%OFFの無料コミックキャンペーン実施中!

9月22日より現在このブログを書いてる時点で0円で購入出来るキャンペーン中のKindle漫画の中から、僕が購入して面白かった漫画を紹介します!

 ※キャンペーンやセールの情報はブログ執筆時のものです。購入の際は実際の価格、情報などを確認してください。また、Amazon.co.jp は各キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。内容をよく確認してください

空挺ドラゴンズ 1巻

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。でも、失敗したらもちろんお陀仏。空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

Amazonより引用

 最近流行りのファンタジー×グルメ漫画ではあるんですが(いわゆるダンジョン飯的な)、絵のタッチを見ても分かるように何処か漫画版「風の谷のナウシカ」のような雰囲気を感じます。

f:id:tosakax:20180924104732p:plain

巨大な災害ともなりえる龍に怯えながら生きる世界で、その龍を追い、狩る者達。

蟲に怯えて暮らしていたナウシカの世界の人々を彷彿とさせます。

f:id:tosakax:20180924105312p:plain

メーヴェいるやん!

龍を追うだけに、空を飛ぶ捕龍船と呼ばれる飛行船のような乗り物に乗ってるんですが、こちらは「天空の城ラピュタ」を思い出すところも多いです。

f:id:tosakax:20180924105736p:plain

しかしながら、ただのグルメ漫画で終わってないのはこのスケールなんですよね。

あの名作「蟲師」にも通ずる、人の力が及ばざる生き物との物語的な。

世界観がしっかりしていて、グルメ要素抜きに面白いです。そして僕だけでしょうか。主人公が「東京トイボックス」の主人公 天川太陽と似ていると感じてしまうのは…。

そして乗組員達のコスチュームが色味も手伝ってゲーム「戦場のヴァルキュリア」を彷彿とさせます(笑)

多分分かる人は分かってくれると思うんですが、アニメ「龍の歯医者」を違う角度で描いた作品とも言えるような気がしました。あっちはかなり和テイストですし、共存要素強いですが。

龍のデザインも斬新で種類が多く、そういったものが好きな人にもオススメ!

僕も続刊ポチっちゃいました。かなり今後に期待の作品。

亜人 1〜2巻

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

Amazonより引用 

去年以前にかなり流行った漫画ですね!

何なら僕は全巻読んでます(笑)

突如、死なない人種「亜人」になってしまった主人公が人から追われ、人に立ち向かい、人に協力し、人類への反旗を翻す亜人へと立ち向かう物語。

死なないならではの戦い方、再生をギミックに面白い活用をしたり、死なないからこそ政府側も戦い方を試行錯誤する。

f:id:tosakax:20180924111118p:plain

また「亜人」ならではのもう一つの特殊能力”黒い幽霊”ことIBMを使った人外アクションも見どころです。

なかなか言う事聞かないだけに、IBMとの連携が成功した時は興奮!

ってか画力ハンパないですよね

f:id:tosakax:20180924111520p:plain

漫画「亜人」の魅力の一つは銃器た戦闘のリアリズムと、登場人物達の頭脳戦、そしてそれを高い画力で描く説得力の高さ。

更には人の弱い部分、醜い部分をリアルに描くので、序盤で主人公が亜人と知った時の人々の掌返しはエグいものがあります。

スリルあるリアルバトルが見たい方にはオススメします!

鳴沢くんはおいしい顔に恋してる 1巻

額の傷と不機嫌な目つきのせいで、いつもぼっちな鳴沢くんだけど、実は“おいしそうにご飯を食べる女子の顔”が大好き☆ そんな彼の前に、次々とおいしい顔の女子が現れ…!? “不機嫌男子”ד幸福女子”が織り成す幸福料理ラブコメ、スタートです☆

Amazonより引用

こちらもグルメモノですが、グルメ×恋愛という要素に「美味しそうにご飯を食べる女子の顔が好き」というフックのある作品。

僕自身、嫁の一番好きなところは好きなものを食べてるときの幸せそうな姿なので超共感した作品です(笑)

ほっぺ膨らまして満面の笑みとか、超可愛くないですか?

そんな「美味しそうにご飯を食べる女子の顔が好き」な主人公 鳴沢くん。

f:id:tosakax:20180924112212p:plain

顔が怖いんですよ。

これも超共感で…普段、会社で顔が怖いことから「インテリヤクザ」と呼ばれている僕には、怖がられる肩身の狭さはよく分かります…。

愛想良くしようと、微笑んで挨拶したら「なんで睨むんですか」と言われた経験があなたはありますか(´;ω;`)

そんな僕と同じ強面の主人公の鳴沢くんですが、実は…

f:id:tosakax:20180924112539p:plain

「美味しそうにご飯を食べる女子」を目の前にするとこの変わりようですよ。

自分の作った料理を毎日美味しそうに食べる女子を毎日見るのが夢の彼は、主夫になることを目標にしています。なんという動機…!

f:id:tosakax:20180924112828p:plain

そんな鳴沢くんのアホ具合がツボですww

この鳴沢くんがイタリアからホームステイしてきたジュリエッタという運命の女性と出会うんですが、1巻からヒロインが3人も登場するんです。

駆け足な気がしてちょっと心配…。

気持ちよく食べるジュリエッタ

気持ちよく食べるジュリエッタ

天真爛漫で日本大好きなイタリア人女性ジュリエッタ。

恥じらいもなく、美味しそうに食べる姿に超好感!!

普段の無表情冬子ちゃん

普段、鳴沢くんの前では無表情で食べる冬子ちゃん

鳴沢くんの前では無表情だが、実はいないところではこんな表情。

色気がある冬子ちゃん

色気がある冬子ちゃん

このギャップがやばいツンデレかつ、今は疎遠になった隣の家の幼馴染の冬子ちゃん。

いやはや、僕はこの子が激推しですよ。

なかなか笑顔を見せない子とか大好きなんですよね。良いなぁ冬子ちゃん。

そして最後の一人が天城春という子。

天城春が咥えるシーン

中学生が咥えるのはまだ早いンゴ…

まさかの中学生…

しかもマセガキ…

3人の内、唯一鳴沢くんに助けてもらって経験から、好意を寄せているので、雑誌の受け売りで、いやらしい食べ方をして鳴沢くんの気を引こうとしますが

ブチギレ鳴沢くん

食への冒涜とも言える食べ方にブチギレ鳴沢くん


逆に嫌われる始末(笑)

ただし、普通に食べると子供らしい素直な表情で、鳴沢くんも心惹かれていきます。

とまぁ、基本的には鳴沢くんが3人のなかで揺れ動く物語です。

料理そのものに主軸を置くというよりは、キャラクターが魅力的で面白いなと感じました。

ハーレムモノになるのかドロドロ恋愛モノになるのか分かりませんが、引き続き楽しく読めたら良いなぁと期待!

ラッキースケベはまだ無いんですが、美味しそうにご飯を食べる女の子が見たい方は是非読んでみてはいかがでしょうか!

 

その他のKindle記事はこちら!