胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

ペットホテルに3時間ほど猫を預けたらストレスで口呼吸になった

 

オッス!オラ吐瀉夫!

このブログでは猫の記事はあまり書かなくなっていたんですが(Instagramの方でやっているので)、今日の出来事は書き起こそうと思います。

来週、大阪へ2泊ほど旅行に行こうと思っており、その際に猫を初めてペットホテルに預けようと思いました。

これまで、去年の11月に猫を迎え入れて以来1泊も家を留守にしたことがありません。

しかし、しばらく奥さんと旅行も行っていなかったし(僕は旅行も外出も好きじゃないんですが)、だいぶ前からの約束もあり、今回行くことに。

そこで、ペットホテルに猫を2泊預けることにし、本日トライアルとしてそのペットホテルに3時間預けてみたんです。

そこのペットホテルは犬も猫も預かっており、美容室も併設の施設。

犬の鳴き声が結構響いていて不安はあったんですが、いくつも姉妹店があって、そこそこ安心できるのかなと思い預けてみました。

軽く買い物を済ませ、いざ預かりに。

以前、購入したペットショップでシャンプーをした時と同様にケージから出る際に店員さんに威嚇をするため、飼い主が直接キャリーケースに入れることに。

さっきまで威嚇してたのに僕が近づいた途端、可愛い声で鳴いてくるツンデレぶり。

ケージの中ではずっとトイレにうずくまっていたそうです。

早速、車に乗り込み10分ほどで帰宅。

そこで気付いたのが、時折ではあるものの

犬のように口を開けて呼吸をしているのです。

めちゃくちゃ不安になって調べたところ、病気の疑いもあるのですが、どうやら興奮状態・ストレス状態でも発生するとのこと。

これまでこんな様子は見たことが無かったので、かなり心配になり、なるべく安静にリラックスできるよう配慮。

その後しばらく、2時間ほどは口呼吸をたまにしていたものの、なんとか落ち着いてくれて、症状は出なくなりました。

たったの3時間(実質預けていた時間は2時間半)でここまでストレスを感じるなんてペットホテルは猫には絶対に無理。

そう思い、来週のペットホテル宿泊は事情をお店側に連絡しキャンセルしました。

猫はやはり環境の変化が一番ストレスなようです。

本当に申し訳ないことをした。

猫を抱く写真

愛を込めて抱きしめてもプイってされる

ペットシッターも他人が自分のテリトリーに入ってくる事からストレスを感じるそうですし、2泊の間不在にしながらも、カメラや自動給餌器で対応しようと決心しました。

猫を飼ってる方々はどのように対処されているのかちょっと気になりました。

本日は実家で飼っていた先代猫の命日。

あの子はとても強く、外に出ていって3日帰らないとかもあるくらいしっかりした子だったのですが、実家を出て完全室内飼いは初めてのため色々学ばなければいけないことが沢山です。

考えさせられる日でした。