胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【映画】友情とは別れを乗り越えるもの『シュガー・ラッシュ:オンライン』【感想レビュー】

オッス!オラ吐瀉夫!

僕が大好きな映画「シュガー・ラッシュ」の続編が遂に12/21より公開!

早速見てきたのでレビューしちゃうぜ! 

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Blu-ray
 

 ※あらすじ含めネタバレに繋がる可能性がある表記含むので注意!

スポンサーリンク  

映画『シュガー・ラッシュオンライン』あらすじ


「シュガー・ラッシュ:オンライン」本予告

前作「シュガー・ラッシュ」で、ヴァネロペのゲーム”シュガー・ラッシュ”の崩壊をラルフと共に救った物語から月日は6年が経ち、ラルフとヴァネロペはリトワクさんのゲームセンターで稼働するアーケードゲームでの仕事を終え、毎晩二人で楽しく過ごす最高の親友となっていた。

毎日自分のゲームのレースを走り、夜はラルフとおしゃべり。

変わらぬ生活に小さな不満を抱いたヴァネロペに刺激を与えようと、ラルフは”シュガー・ラッシュ”のコースを改造し、別のルートを作り出す。

ヴァネロペはその予想できない作りのコースに大興奮。プレイヤーキャラクターとしてレースに参加しているにも関わらず、プレイヤーのコントロールを無視し、コースを走行。

 

困ったプレイヤーが助けを借りたのは店長リトワク。彼がハンドルを無理矢理回そうとするとハンドルが壊れてしまう。

ハンドルは非常に高価で、店長リトワクは修理を断念。”シュガー・ラッシュ”は稼働を終了することになった。

家を失う事になったヴァネロペのため、ラルフはインターネットオークションでハンドルを手に入れることを決意する。

スポンサーリンク  

『シュガー・ラッシュオンライン』の見どころ

ゲームファン必見の名作ゲームからのキャラクター出演

前作でもそうだったように、今作『シュガー・ラッシュ:オンライン」も有名ゲームキャラクターが多数出演!

ストリートファイターシリーズのリュウ、ベガ、春麗、ザンギエフや、ソニックシリーズのソニック。パックマンなど!

主人公のラルフやヴァネロペ達と同じゲームセンターで生活しているため、かけあいがクールでたまりません。

映画ファンも嬉しいディズニー映画からのキャラクター出演

今作ではディズニー傘下の映画作品から多数のキャラクターが出演!

スター・ウォーズのC3POやストーム・トルーパー、マーベルヒーローのアイアンマンなども!

シュガー・ラッシュオンラインのディズニープリンセス達

ディズニーアニメは詳しくないのでどれも分からない…(笑)

更にディズニー映画作品からバズ・ライトイヤーや歴代のプリンセス達が集結!

個人的にスター・ウォーズシリーズ、トイ・ストーリーシリーズ、マーベルヒーローが好きなので今作は結構ニヤニヤしちゃいましたね。

インターネット世界の表現のユニークさ

今作の新しい要素として、ヴァネロペ達がインターネット世界に進出することです。

AmazonやGoogle、eBayやYoutubeにTwitterなどの大手サイトの表現や、ポップアップ広告、イイネ機能やサイト間の移動などがメチャクチャしっくりくるんですよ!

ポップアップ広告の比喩表現とか笑えましたw

 

駅前に看板持って立ってる人やキャッチと同じなんです(笑)

「この広告どう!?クリックしてみて!」と話しかけてきて、クリックするとそのサイトに誘導するキャッチの人みたいな仕組み。

この表現考えた人すげーなーと感心しました。

スポンサーリンク  

『シュガー・ラッシュ:オンライン』の感想

公開初日で平日午前の回だから人少なくて良かった

長々と語ってしまいましたね。

肝心の感想を書いていきたいと思います。

友情とは別れを乗り越えるもの

上記は今作の一つのテーマでもあると思います。

 

親友と同じ夢を見れないこともある。

そのようなセリフが今作では登場します。

人はそれぞれ抱く夢も違います。そして成長の速さも違います。

ラルフとヴァネロペの友情に涙…!

今作は、ラルフとは異なる夢を持ち始めたヴァネロペと、まだ幼い精神故にそれを受け入れられないラルフ。そんな二人の成長と友情の物語です。

これは見る側が大人であるほどに、酷く痛感するものじゃないかなと思います。

 

僕も仕事に夢を抱き、仕事にプライベートも全て捧げ、友人とも会わず2年が経過しました。

会わない時間が長くとも、変わらず付き合っていける幼馴染達と信頼していますが、ラルフのように心根が若いうちは正に「去る者は日々に疎し」で、不安も多いことでしょう。

英語で「out of sight out of mind」とはよく言ったものです。目に見えなくなることは怖いものです。

 

親友の夢を応援することが友情だと、別れがこんなにも辛いからこそ、絆が深いのだと感じることの出来る映画でした。

だって、別れを惜しむなんて、本当の友達じゃないと出来ないと思うんです。

想い入れのある相手だからこそですよね。

 

別れを惜しむのは親友の特権じゃないかと、そう思えたらもう涙がウルウルと…。僕もこんなに想える友情を育んだことがあれば、もっと豊かな人生だったのかなと思わないでもないです。

しかも、これ異性ですからね。なんだよ異性の友達って。出来たことねーよ!! 

シュガー・ラッシュ:オンライン (吹替版)

シュガー・ラッシュ:オンライン (吹替版)

  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Prime Video
 
シュガー・ラッシュ:オンライン (字幕版)

シュガー・ラッシュ:オンライン (字幕版)

  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Prime Video
 

インターネットの可能性と危険性を学べる側面

広大なインターネットの街

一昔前ならインターネットは「海」と例えられたでしょう。

ネットサーフィンなんて言うくらいですから。

『シュガー・ラッシュオンライン』の世界ではインターネットはまさに近未来の街そのものです。

 

そこはどんな可能性もが眠る、夢と希望の街。

トレンドの移り変わりは早いが、動画配信で人気者になればお金なんて一日でいくらでも稼げる。

しかし、心無い誹謗中傷のコメントやインターネットの闇の部分であるダークウェブ、インターネットウイルス。

そういった負の側面があることもシッカリと描かれている本作。

これは子供へのインターネット教育に有効かも知れないと感じました。

 

実際、インターネットに繋がったことで、世界が広がり、夢を得たヴァネロペ。

インターネットを通じて、”シュガー・ラッシュ”を救うことが出来たラルフ。

インターネットには可能性があります。

まだまだインターネットへの可能性への期待が高まり、ワクワクすることが出来る作品で、仕事への意欲にも繋がりました。

 

その一方でやはり、スパム広告やウイルスといった負の側面、心無い書き込みから読み取れる人間自身の負の側面も感じることが出来る今作。

この映画はインターネットが持つ可能性と危険性について、気づきを得られる良い映画だと僕は思うんだぜ!

ちなみに動画配信であんなにお金を稼いじゃったりするのは、子供が安易にYoutuberを夢見ちゃう気がしないでもないので、そこで成功させちゃうあたりにも闇を感じてしまいますね…。

スポンサーリンク  

最後に

シュガー・ラッシュオンラインのパンフレット

もちろんパンフも購入

 心を熱くしてくれる『シュガー・ラッシュ:オンライン」!

皆もぜひ見てくれよな!!

シュガー・ラッシュオンライングッズ

可愛らし過ぎてここの前に立つのも恥ずかしい32歳

ちなみに映画グッズは結構子供向けor可愛らしいものが多すぎて僕は買えませんでしたww

そういえば、GYAO!公式アプリで『シュガー・ラッシュ』が無料配信中らしいんで、未チェックの方や、新作を見る前に復習したい方は是非見てみてほしいぜ!

また面白い映画あればレビューしますね!

ほんじゃまた! 

映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の感想 #シュガラお題



sponsored by 映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」(12月21日公開)

映画は動画配信サービスがオススメ!

映画好きな方はTSUTAYAやGEOなどでDVDやブルーレイをレンタルしていると思います。

そこでオススメなのが大手動画配信サービスHulu。

Huluでは、ハリウッド映画や人気海外ドラマなどのプレミアムコンテンツを テレビやパソコンの他スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで、 いつでもどこでもご覧いただくことが可能です。

今なら「2週間無料」のトライアル実施中!

Huluに掲載のコンテンツは、何をどれだけ見ても月額933円(税抜)。

追加課金や、超過課金は一切なし。

 

広告

一か月1000円ほどかかるので、抵抗がある方もいらっしゃるかも知れませんね。そこで、コスパ重視の方には月額500円(年額4900円)のAmazon Primeをオススメします。

広告

Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。
Amazonより引用

Amazon Prime会員なら月額500円!

プライム会員の特典も使い放題でPrimeビデオや音楽が見放題・聞き放題で、Amazonでの購入時、送料無料サービスも利用できます。

Prime会員になったことが無い方は31日間無料お試しも出来ます!
Prime会員の申し込みはこちらから!

※キャンペーンやセールの情報はブログ執筆時のものです。購入の際は実際の価格、情報などを確認してください。また、Amazon.co.jp は各キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。内容をよく確認してください。

お題「最近見た映画」

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村