胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム屋が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

僕はナルトのような社会人でありたい

オッス!オラ吐瀉夫!

最近、漫画『NARUTO』を読んでいて、仕事や生き方に繋げて思うことがあったのでツラツラと綴ろうと思います。

スポンサーリンク  

漫画『NARUTO』とは

漫画『NARUTO』

漫画『NARUTO』

皆さんは漫画『NARUTO』をご存知でしょうか。

『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。

Wikipediaより引用

火の国の忍者が住まう”木の葉隠れの里”に暮らす少年ナルトは、里の長である”火影”を夢見る少年。

そんなナルトは、生まれてすぐに強大・凶悪なチャクラ(身体エネルギーと精神エネルギーを練り合わせたもので、忍術に用いる)を持った世界に点在する尾獣の一匹、九尾を封じられた存在”人柱力”だった。

差別を受け続けるナルト

それを知らされず、里の子供・親から差別を受ける日々。

危険な存在であるからと、里の皆から嫌われ、両親も知らず、勉強も忍術も不得手な少年ナルトが、自分の存在を皆に認めさせるため、火影を目指す。

 

数々の戦いの中で、人との繋がり、別れ、怒り、憎しみ、そして”許し”を経験し、成長する物語。

 

少年マンガらしからぬ重厚なテーマを、少年マンガとして描く正統派作品の傑作。

第一巻から泣けるのですが、全編を通して彼の成長をしっかりと描く繊細な作品でもあります。

 

そんな『NARUTO』は週刊少年ジャンプの看板作品として『ONE PIECE』と並んで人気作品でしたが、2014年をもって15年の連載を終了。

現在もアニメやスピンオフ作品が描かれている人気の熱が冷めない作品です。

スポンサーリンク  

主人公ナルトの言葉

火影になる事への覚悟

火影になる事への覚悟

漫画『NARUTO』には数々の心打つ名シーン・名台詞があります。

その中でも主人公のナルトが初期から使っていたセリフにこんなものがあります。

やっぱ覚悟しとかなきゃな

みんながみんな認めてくれる

火影ってスゲー名前

語るのによーお!

ぜってェー!

近道なんてねェーってことはよ!!

NARUTOより引用

これは、ナルトがどんなに困難なことも、それを”耐え忍び”、乗り越えていくことを表している象徴的なセリフの一つです。

 

ナルトにとって、はじめての友でありライバルであるサスケが木の葉の里を抜け、裏切り、敵に回っても、そのサスケに殺されかけても、仲間一人救えない奴が火影になれるものかと、ひたすら彼を追いかけました。

そう、最終巻まで。

 

そんなナルトが、世界中の忍者達を巻き込んだ忍界大戦にて、敵の首領である強敵オビトとこんなやり取りをします。

※ネタバレに繋がるので気になる方は注意ください

強い芯のある言葉

オビト「行き先もハッキリせず わざわざ険しい道だと分かっていてあるくことはない

仲間の死体を跨ぐだけだ そう…火影の目指すべき行き先は世界の平和だ」

ナルト「何言ってんだお前…
オレが知りてーのは楽な道のりじゃねェ 険しい道の歩き方だ

オビト「その2つの道の行き着く先が同じだとしても…そう言うのか?」

ナルト「一方が険しい道だとして最初に誰が教えてくれんだよ?
結局誰かが歩かなきゃそれも分かんねェーだろが
火影ってのは痛ェーのガマンして皆の前を歩いてる奴のことだ
だから仲間の死体を跨ぐようなことは決してねェ!
火影になるのに近道はねェーし!なった奴に逃げ道はねェーよ!!…そうだろ!!?

NARUTOより引用

オビトは昔、ナルトと似た境遇で、そして火影を目指す一人の少年だった。

彼は忍の世界に絶望し、全てを否定した。

自分と皆が楽になるために、世界を幻術で理想の世界を作り上げようとした。

 

だからこそナルトが自分と同じような選択をしてくれることで、自分が間違っていないと証明したかった。

しかし2人の道の行き着く先は異なった。

スポンサーリンク  

だから僕はこう思った

ナルトの忍者の世界を、僕はよくこの労働社会に当てはめて考えることがあります。

僕はもう夢を見る少年ではないですが、過酷な残業をする上で、心の中に熱いものを持たないと乗り越えられない時は多々あります。

前職で部下を帰らせ、たった一人で残業をこなし続けた日々も、心の中に熱いものがあったからです。

それはゲーム屋としてのユーザー・ゲームへの愛でもあるし、ゲーム屋としてのクオリティへのプライドでもあります。

 

そんな僕がナルトと共通してる点があります。

それは、天才でもなく不器用なこと。

賢くないし、賢くなりたいとも思いません。泥臭く働くことに美徳を感じる古いタイプの人間で、きっと損をすることが多いと思います。

 

でもだからこそ、泥臭く努力して、楽を選ばず、手を抜いて近道を探さず(もちろん仕事において効率化を行わないということではありません)、コツコツと実績を積み上げれば、信頼も積み上がり、ナルトのように彼の背中を押そうと思ってくれる仲間が出来るんじゃないのかと思いました。

 

僕もそう働いてきたからこそ、部下や同僚から励みのある言葉をもらうことが出来たと思っています。

 

例えば、楽をする人には同じような人しか寄ってこないと思うんです。

楽を評価する人だったり、同じような価値観の人、その恩恵に授かり楽をしたい人、そんな人が集まるんじゃないかなと。

 

人はなぜ、付き合う人で人生が変わるのか? | ライフハッカー[日本版]

 

こんな記事をよく目にします。

僕は人見知りだし、自分で付き合う人を選べるほどコミュ力も高くありません。

だからこそ、相手に選んで貰う必要があります。

 

僕は楽をしたいと思う人を否定はしませんが、価値観が合わないと思います。

だからこそ、自分と同じ価値観を持った人と一緒に仕事がしたくて転職したし、その価値観を体現するように働いてもいます。

 

 

少し話が変わりますが、僕もブログをはじめて2年が経ちます。

よく他のブロガーさんが、有名なプロブロガーの名前を上げていたり、その事について言及していたりします。

 

ただ、僕はそういった界隈に首を突っ込むことはないですし、Twitterでもその手の方々とは絡むこともありません。

その理由は、僕がブログで食べていこうと思わないからです。

 

脱社畜!脱サラリーマン!といった思考とはマッチしない古いタイプの人間なんだなと自分ではよく思います。

 

ブログで食べていくことが楽かどうかは分かりません。

もしかしたら、楽なのかも知れませんし、大変なのかも知れません。

 

ただ、僕は会社とは別の環境で発信するためにブログをやりたいなと思っています。

一時期、メディアっぽいブログを作りたいなとも思いましたが、そんなスマートなことはやっぱり自分には似合わないなと。

 

おかげさまで月間4万PVを超えるようになりましたが、今後ものこのブログをいじったり、発展させるつもりはなく、このペースで更新をしていこうと思っています。

 

泥臭く、仕事もブログも粛々と。

そんな自分らしいブログでこれからも続けていきます。

 

よろしくどうぞだってばよ!