胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム屋が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

32歳の年収中央値や平均年収を調べてみた

オッス!オラ吐瀉夫!

現在32歳で専業主婦の嫁と猫を養うサラリーマンだ!

 

この度、転職して年収がちょっとばかり上がった(年収目当ての転職じゃなかったので前職ベースでちょっとだけ色つけてもらった)んですが、

友達とも2年以上会っておらず、仕事の話も普段しないので、皆はどのくらいもらってるんだろうと思って

平均年収.jp|20代30代40代の年収推移、中央値、男女別の年収推移、企業の平均年収ランキングをまとめたポータルサイト

こちらで調べてみました。

スポンサーリンク  

平均年収と年収中央値について

まず平均年収と年収中央値の違いを先に説明します。

 

平均年収とは

平均の出し方は皆さんのご存知の通り、全員の収入を足して、全員の人数で割るだけです。

 

年収中央値とは

平均と違って中央値は、その名の通り真ん中の数値を持ってくるものです。

例えば100人の年収中央値を出す場合、100人を年収の大きい順に並べます。

真ん中である、50番目の人の年収を中央値とする方法です。

 

日本の経済社会において、ほんの僅かな方々が桁違いに高給ですよね。

例えば100人の年収を平均を出そうとした場合、1000万の人が2人、300万以下の人が30人といった方々がいれば平均は1000万のほうにと寄る形になりますよね。

 

そうすると一般的な間隔に比べ、平均年収はやや上がることになります。

となると、実際の感覚としては中央値が実際の収入状況にマッチした値に近いとされています。

 

スポンサーリンク  

32歳の年収中央値と平均年収

f:id:tosakax:20190114112031p:plain

年収の実態が知りたい

32歳平均年収:330〜390万

32歳年収中央値:320〜380万

32歳の年収中央値:320万円~380万円
32歳の平均年収:330万円~390万円
32歳の男性の年収:360万円~410万円
32歳の女性の年収:310万円~360万円

32歳【男性女性】の年収中央値【大卒高卒別】や32歳で年収700万円に到達できそうな職業企業|平均年収.jp

正社員などの業態分けは除いていますが、こんな感じだそうです。

都道府県別平均年収をいくつか見てみた

32歳の年収中央値が320〜380万。

男性の平均だと390あたりと聞いてちょっと驚いています。

地方格差によっておそらく大きく下がってるんじゃないかと思って、僕が住んでいる福岡県や知り合い等がいるいくつかの都道府県の状況を見てみました。

都道府県 平均年収
北海道 353.7万円
東京 550.2万円
大阪 471.6万円
福岡 393.0万円
佐賀 314.4万円
沖縄 314.4万円

32歳【男性女性】の年収中央値【大卒高卒別】や32歳で年収700万円に到達できそうな職業企業|平均年収.jp

やっぱり東京がダントツですね…!

僕の地元佐賀県はやっぱり低いですね。友人が住んでる沖縄と同じ水準でした。

 

佐賀県の隣で、今僕が住んでる福岡県は一気に上がってますね。

佐賀県で暮らして、福岡で仕事しよう!(笑)

 

大阪が高いのは分かるんですが、北海道ってこんなに低いのかーと思いました。

スポンサーリンク  

ゲーム屋32歳僕の年収

f:id:tosakax:20190114102429p:plain

地方ゲーム業界の収入って気になりますよね

他人の給与って気になりますよね。

この話をする上で僕の年収を書いておかないのはフェアじゃないので書いておきます。

それと地方でゲーム会社に就職したい方々の一つの参考になればと思います。

 

在住:福岡県

職業:ゲーム企画職(プロデューサーやディレクター)

年収:500万 ※残業代込

 

これが現在の僕の収入です。この職種でこの給料だと東京じゃかなり低いと思います。

知り合いの東京のプランナーですら500万を超えてますし、某有名ゲームのレベルデザイナーは月収で僕の年収を超えるそうな…(笑)

 

残業は毎晩25時。休日出社も常態化。

この業界にありがちな労働環境ですが、何とかやっていってます。

www.imotare.com

この数年、自腹でタクシーで通勤した回数は考えたくもありません…。 

まだプランナーだった時代は、終電を言い訳にしていましたが、もうそんな言い訳も通用しない年齢、立場。

 

地方都市価格ということで何とかこの収入でもやって行けているのが現状です。

 

スポンサーリンク  

 

家庭の事情もあってこの仕事

年収が高いように見えますが、僕の激務を支えるため主婦に専念している奥さんがいるからこそ実現できていますし、収入を下げて二人で平均年収もしくは平均以下の仕事についても世帯年収は上がるので、正直あんまり余裕のある暮らしは出来ていません

 

ただ、共働きだとそこそこストレスがお互いに貯まるでしょうし、僕は家に帰って奥さんがイライラしてると僕もイライラするのが嫌だったので、奥さんには穏やかに生活してもらうことで僕の精神負荷を下げています。

ただし家での時間を設けることが殆どできていないため、これから先、子供が出来たりした場合は業界から身を引こうと思っています。

 

そしてこれからゲーム業界を目指す若者には過酷かもしれませんが、僕が8年ほど前にこの業界に入ったばかりの頃の収入は年収250万ほどだったと思います(笑)

アルバイトでしたし、デバッガーはスキル不要と評されがちだったため大変でした。

 

4年ほど前までずっとその収入だったので、出世しないとこの世の中やっぱり収入が増えないのは間違いないと思います。

スポンサーリンク  

感想

f:id:tosakax:20190114112141p:plain

あくまで

平均と平均以上の壁って恐らくとても分厚いんだなと思いました。

 

俯瞰して考えてみると、確かに自分が出世しないと大きく収入を伸ばせないこの時代。

上のポストってそもそも部下5〜10人、もしくは更に大きな組織を率いてる人なので、競争率はそれだけ5倍〜10倍。

 

もっと上のポストになると更に恐ろしい競争率となっていくでしょうし、そう考えると高い収入の人って本当に少ないんでしょうね。

 

ただし、激務を重ねてまで生きていくことに何の価値があるのか。

自分の健康や家族の幸せを考えたりした時、僕も今の働き方を見直すべきときが来るかもしれないとは思っています。

 

そういった時に、選択肢を増やせるように今は仕事を頑張り、実績を積んで、繋がりを増やして、ワーク・ライフ・バランスの理想を実現出来るように、”耐え忍ぶ”戦いを続けようと思います。

 

資本主義社会は、自分の時間を投資して対価を得る社会。

その対価が自分の人生に見合ってるのか、今は見合って無くとも必要な投資なのか、常に意識して働いて、幸せを掴み取りたいなと思いました。