胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

アラサーのエンタメ系社畜が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

オススメホラー・サスペンス映画「ソムニア」感想レビュー

オッス!オラ吐瀉夫!

皆さんはホラー映画が好きですか?

うん!そうだね!好きだね!

ということで、オススメのホラー映画「ソムニア」をご紹介!

スポンサーリンク  

映画「ソムニア」(2016年)とは

f:id:tosakax:20190228210938p:plain

映画「ソムニア」

【出演】
ケイト・ボスワース
ジェイコブ・トレンブレイ
トーマス・ジェーン
アナベス・ギッシュ
ダッシュ・ミホク

【制作陣】
監督・脚本・編集:マイク・フラナガン
脚本:ジェフ・ハワード
製作:トレヴァー・メイシー、サム・イングルバート、ウィリアム・D・ジョンソン
製作総指揮:マリ・エルフマン、スコット・ランプキン

 

あらすじ

愛する幼い息子ショーンを失った妻ジェシーと夫マークは、悲しみを乗り越えようと、8歳の少年コーディを養子に迎えることに。
しかし、コーディはなぜか眠りにつかず、蝶の図鑑を読んで夜を過ごすのだった。
ある晩、夫婦がリビングにいると、美しい蝶の群れが出現。さらに別の晩には、死んだはずのショーンまで目の前に現れる。
息子を抱きしめるジェシーだったが、すぐに息子の姿は消えてしまうのだった。
そんななか、コーディが夫婦に告げるーー「ごめんなさい。僕の夢なんだ」。
ジェシーは、ショーンと会いたいがために、コーディを眠らせようとするが、ある晩、悪夢のような出来事が起こる。

Amazonより引用

感想

f:id:tosakax:20190228211840p:plain

コーディの心の美しさが表れている

この映画ですね。まず映像が美しい。

主人公である少年コーディが、寝ている間だけ夢が現実になるのですが、そのファンタジーな映像がとても美しい。

現実ではありえないものを作り出せるその才能はまさに贈り物。

 

そしてこの映画の本当の姿は、ラストで描かれています。

個人的には、この映画の展開はまさにサスペンス的。

正にどんでん返し。そういうことだったのか!と。

ラストまで見た上でこの映画にジャンルを当てはまるなら、僕はヒューマンドラマ映画だったと思いました。

f:id:tosakax:20190228214422p:plain

フレディ的な無敵さ

コーディの夢は、美しいものばかりではなく、悪夢までも現実化します。

悪夢にうなされている間だけ現れる謎の白い化物。

これが本当に怖い。しかもこちらの攻撃は当たらない。

幻想だから。なのに向こうの攻撃は現実に影響を及ぼす。無敵かよ。

 

化物は何人も飲み込み、行方不明者が続出。

こんな化物なんて倒しようがない。

どうやってこの化物に打ち勝つのか…。

 

この映画を見終わった時、きっと暖かな気持ちでいることでしょう。

そして、あの彼の結末にどのような気持ちを抱くか、それは人によって違うと思うのですが僕は少々納得いかないというか、「独りよがりな結論じゃない!?」と感じましたw

 

まぁそれを踏まえても良い映画だなぁと。

 

映画「ソムニア」はそのような映画です。

爽やかな気分で見られる、前向きなホラー映画です。

96分と短めで、テンポ良くサクッと見れちゃうので是非オススメです。

 

あんまり売れてない&マイナーな扱いが大変もったいない良作ですよ。

何かホラー映画見たいな〜と軽めの気持ちで望むなら、持って来い。

 

母の愛を知れるこのホラー映画「ソムニア」を是非どうぞ。