胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

セルフレジの導入よりレジ無し自動決済を導入して欲しい

オッス!オラ吐瀉夫!

最近のコンビニやスーパーにおける無人レジにちょっと物申したい者だ!

 

僕が住む街にも、スーパーだったりコンビニだったりに無人レジがちらほら増えてきました。

TSUTAYAなんて数年前から導入していますよね。

 

人材不足のため、レジに人員を確保するのも大変だという判断から、この企業努力も分からないではないです。

 

しかし、個人的にどうしても納得の行かない部分があります。

セルフレジは店舗側の怠慢

常に便利になってきた小売店

まず、おかしいと思うんですよ。

今まで店舗側が行っていたレジ作業を何故、購入者である客が行わなきゃいけないのか。

 

値引きや割引があるのか?

還元されているのか?

 

残念ながら、そのような発表は聞いたことが無いし、していたとしてもされているようには感じないと思う。

 

不便を客に押し付け、金をかけてセルフレジの導入。

しかもそのレジのバーコード読み取りの精度の低さや、使い勝手の悪さ。

 

使い勝手の悪いセルフレジ

ストレスがマッハ

僕がよく行くスーパーはかなり使い勝手の悪いセルフレジを導入しています。

スグレジと呼ばれるものです。

 

右奥にレジを通す前の商品カゴを置き、右手前に袋を広げます。

そして、右奥の商品カゴから取った商品を左側の読取機械にかざし、読み取ったら、右手前の袋に入れる。

 

イメージつきますでしょうか。

毎回、商品を取るために奥に手を伸ばすんです。

 

これが結構地味にストレス。配置がおかしい。

隣のセルフレジとの感覚も狭すぎるし、省スペース化まで同時に実現したつもりだろうが、これは良くない…。

 

さらに読み取り制度も悪くて、テンポも悪い。

どんどんストレスがたまるのです。

 

マジでこのレジ導入ってテストしたのか。

ユーザービリティー考えたのか。

経営陣、マジでこれで大丈夫と思うの?

 

そう思うレベルです。

うちの奥さんもセルフレジは使わず、並んででも通常レジを選ぶそうです。

スポンサーリンク  

最低でも例えばGUのセルフレジ


【最新設備】GUのセルフレジの使い方

皆さんはGUに行くことはありますでしょうか。

僕は1シーズンに1回くらいのペースで行っていて、現在のGUのセルフレジはとても便利。

かごに入れた商品を、ボックスに入れると、全ての商品につけられたICタグを読み取り、瞬時に合計金額が画面に出力されるので、そこで支払いして精算完了です。

 

最低でもこのようなアクションが簡潔なレジ作業であれば、購入者側も納得が行くかなと思います。

 

これだけテンポが良ければ、セルフレジでお客さんが詰まることもありませんし、混雑も避けられることでしょう。

 

理想はAmazonのレジ無しスーパー

さすがAmazon

だいぶ前にニュースにもなりましたね。

Amazonが社内従業員向けに試験運用していたレジ無しスーパー「Amazon Go」。

 

入店前に客が専用のアプリを起動する必要があるが、入店後に商品を取る度に商品棚のセンサー・カメラが感知して料金が加算される仕組みだ。

もちろん、商品棚に商品を戻せば、加算された料金はもとに戻る。

そして、その客が店を出る際に、クレジットカードに会計が請求される仕組みとなっている。 

 

2016年に社員向けに試験店舗で展開していたが、

2018年には一般客向けにいくつかの店舗が営業されていて、今後の広がりにとても期待している。

 

これが小売業界のスタンダードになる日はまだ先だろうけど、世の中の便利を実現していくAmazonは凄いと思うし、Amazonに淘汰されてしまう他の企業は仕方ないとも言えるのかも知れない。

(税金はあれだけど)

 

だからこそ、こんな購入者に不便を強いるような、場当たり的な人材不足解決のセルフレジなんかじゃなく、購入者に感動体験を届けられるような仕組み・設備にチャレンジしていってもらいたいと思いました。

スポンサーリンク