胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

アラサーのエンタメ系社畜が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【Let's転職】2019年2月で既に今年2回転職のワイの現状報告【転職なんて怖くない】

オッス!オラ吐瀉夫!

2019年1月4日から新しい会社に働き始めたところ、転職失敗。

すぐさま退職し、2月から新しい会社で働き始めたアラサーサラリーマンです。

そんな僕の現状を報告しようと思います。

転職に悩む人々の参考になればと思います。

スポンサーリンク  

1月のワイ「聞いてた話と違う!」

f:id:tosakax:20190307212631p:plain

嘘つかれた!

僕は2019年1月の転職を決め、2018年12月いっぱいで、僕は3年ほどプロジェクトリーダーを勤めた会社を辞めました。

その大きな理由の一つとして、それまでのような365日会社でも家でも仕事をする生活から、もう少しメリハリのある休みはしっかり休んで、平日はガッツリ働く生活を臨んだから。

新たな会社を受けた際にも、その話をして会社の残業・休日の仕事の状況を伺ってから転職を決めました。

ところがどっこい。

新たな会社では連日徹夜。土日も出社。

給与はガツンと上がりましたが、僕はもうこんな現場仕事から卒業したい!

それはそれは地獄の日々が始まりました。

スポンサーリンク  

2月のワイ「よっしゃ辞めたろ」

f:id:tosakax:20190307213333p:plain

よっしゃ辞めたろw

やってられっか!!

そう思った僕は…次の会社の内定を即座に取り。

飛びました(笑)

 

仕事でうつ病になった経験がありますし、無理は良くないことは痛感しているのだ! 

これ以上、長居するつもりのない会社に貢献する義理は無い。

幸い(?)、飛ぶ人が多い会社だったので、精神を病んだということにして2月は1日たりとも出社せずに退職。

2週間後に今の会社へと転職を果たしました。

 

これまで10社ほど転職をしている僕は、通常の履歴書フォーマットじゃ転職履歴が入り切らないので、Excelで行を増やすしかありません。

まぁ、転職の回数なんてあんまり気にされることないので大丈夫大丈夫。

大事なのは職務経歴書。

何をしてきたか、何を成したかが重要です。

 

2019年2回目の転職では、しっかり休める仕事を選びました。

今まで花形の企画職・プロジェクトリーダーとして活躍し、実績を残してきた僕ですが、今後はプロジェクトのサポートをするポジションを選びました。

これまでのプロジェクトリーダーの経験を活かして、新たなタイプのサポートチームの新設に関わっています。

これまでの現場でバチバチやってた第一線から離れて、心穏やかながら、そこそこのモチベを持てる仕事で、そこそこの給与で(もちろん下げてます)、ここならプライベートの時間をしっかり持てる現場でワーク・ライフ・バランスの実現が出来るんじゃなかろうかと思っています。

スポンサーリンク  

現在のワイ「( ˘ω˘)スヤァ」

f:id:tosakax:20190307214341p:plain

よ〜し頑張るぞ〜

正直、仕事のスピード感や危機感、責任領域がこれまでに比べてだいぶ違っていて、こんなに穏やかな仕事があったんだ…って感じです(笑)

正確には目の前の現場ではバチバチやってるんだけど、そこから一歩引いてサポートを行う感じ。

対岸の火事ってわけじゃないけど、こっちはこっちの仕事を粛々とこなすだけ。

一歩間違うと、やりがいやモチベに直撃しかねない問題になりそうですが、プロダクトについてどうこう…というより、早い段階で組織の立ち上げ・推進に深く関わるスケジュールを予定しているので、組織の体制作り、仕組み作り、マネジメントの方にモチベーションを置いて仕事が出来そうです。

新しいチャレンジであることは変わらないので、ワクワクしています。

実はブログをやってなかったら、選んでない職種で、そういった背景もあってなおさら頑張っていきたいなと思っています。

2019年早々に転職失敗したかな〜と思ったけど、結果良い感じに着地したので怪我の功名と言うか。やっぱり我慢せずに転職するべきだなと思いますね。

会社が合わないなんてことはよくある話だし、無能な人が転職先で有能に化ける話もよくある話。

転職に悩んでいる方は、前向きに考えても良いのでは?と思いますね。

 

それでは今日はこの辺で。 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 
転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 

スポンサーリンク