胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

アラサーのエンタメ系社畜が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

仕事におけるジョークやユーモアとコンプライアンス的なアレ

オッス!オラ吐瀉夫!

転職すると会社の文化に戸惑いを感じたりしますよね。

特に社内チャットはログが残るし、全員に見える場所なので自分のキャラクターが知れ渡り、その反応から社内文化が読み取れるものです。

 

最近そういう経験をしたので、備忘録的なメモとして感じたことを残しておきたいと思います。

職場でジョークやユーモアを忘れない僕

f:id:tosakax:20190225222504j:plain

インテリジェンスに見せつつ実態は…

基本的に僕は仕事において、周りからも

  • 自分に厳しい
  • 自他問わずミスに厳しい

と言われることが多いです。

他人のミスに関しては、ミスを責めるというよりはそのミス発生のプロセスにおける判断ミスを招いたところの改善を図るため、理詰めで詰めていくところがあるのでそこは絶賛僕のやり方を訂正中。

 

理屈臭い人って嫌われちゃう。

 

柔和な人を目指したい。そんなところもあるし、ピリピリ張り詰めて仕事してると、どうしても人に対しても張り詰めちゃうから、ふざけるように努めてます。

ちなみに、業務以外の会話が逆に苦手というか、仕事スイッチ入ってないと人見知り発揮しちゃうので雑談は苦手だったりします。

なので業務中に、ふざけたやり取りのチャットをしています。

スポンサーリンク  

でもやっぱり下ネタが一番得意

f:id:tosakax:20181222094043j:plain

これがないとコミュニケーションに自信が…

普段はちょっと、例えツッコミとか、ツッコミがなくても成立するボケとかをやっている僕(ツッコミが無いと成立しないボケとか滑ったら恥ずかしいから)。

でも、やっぱり一番得意なのは下ネタなんですよ。

脳みそが中学生で止まっちゃってるんで()

 

前職では下ネタが許容される文化というか、男性ばかりのチームだったので全然許されてたし、それで僕のキャラが確立してたので本当にヤバイ発言ばかりでした。

しかしながら、吐瀉夫さんだったら良いみたいな謎のブランディングで下ネタに対しても女性からのクレームはありませんでした。

会社によっては下ネタに厳しい

f:id:tosakax:20181219210902j:plain

お願いです!言わせてください!

そんな僕が転職したら困るのが、この下ネタによるフザケっぷりがキャラクターによって許されてる部分もあれば、社内文化そのものがそういったユーモアを受け付けない可能性があるということ。

 

僕だって楽しく働きたいし、出来れば下ネタを許して欲しいというか発言に自由を求めたいので、どこまで許容されるか知りたいものです。

だから最初は下ネタ抜きでふざけるキャラクターで会社に溶け込んでいきます。

 

ちなみに入社して2週間で、創立記念パーティの企画代表を担当したり、業務外でもガンガン社内の中心勢力に入り込もうとしている僕。

社内チャットでもふざけはじめている生意気な新人です(笑)

しかしながら、社内で下ネタを言うキャラクターの人がそもそもいないと、どこまで許されるのか、そもそも分からないという問題があります。

 

どれだけ下ネタ言いたいんだ俺。

スポンサーリンク  

そんな時はジャブを打つ

f:id:tosakax:20181129111925j:plain

お前、それやバイで…

レイザーラモンRGよろしく「下ネタあるある言いたい〜」となっている僕。

どこまでが許されるのか…そこを確認するために、昔から僕が大好きな表現方法…!

それは…

受け取り方によっては下ネタになる表現!

これが僕の大好物で。

 

済まし顔でタイピングしておいて、「え?僕そんなつもりじゃないですよ」とかね。

大好きです。

 

例えば、沖縄旅行に行く同僚に、お土産を頼んでおいて、同僚が出社してきた時に

「ワイの海ぶどうは?ブッツブツのワイの海ぶどうは!?」

と聞いたりするような感じの奴ですね(書いておいて気持ち悪いなこいつ)。

 

ただ、ここまでふざけると厳しいので、伏せ字的表記とかですね。

「チョコ食べたい」を「チ●コ食べたい」と表記するとか。

 

これなら、ただ伏せただけですよ!という言い訳が通用するわけです。

(しない)

 

ただし、ジャブを打つ時は信頼できる仲間を確保しておく必要があり、なおかつその人が見てくれるタイミングにジャブを打つ必要があります。

つまり、深夜の社内チャットにてその仲間とフザケてる流れでジャブを打つ。

 

ここで、もしやばかったら個人チャットでアドバイスをもらえるわけです。

今の会社でもすでに「うちそういうの厳しいからwww」

と個人チャットをもらい、「うはwwマジすかwwww」と、すぐさま発言を削除する僕()

 

こうやってその文化の読み取り、溶け込んで行くのです。

そして思うんです。

 

俺、何について書いてんだろうって(笑)

 

こんな記事に、最後までお付き合いいただきありがとうございましたwwww

スポンサーリンク