胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

アラサーのエンタメ系社畜が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

入社一ヶ月半、職場でお誕生日祝いをしてもらえるくらいには馴染めてる話

オッス!オラ吐瀉夫!

先日、誕生日を迎えた僕です。

ここ数年はプロデューサーという立場もあって、誕生日は職場でもホールケーキを用意してもらえたり、プレゼントも多数もらうことが多かったんですが、今回は職種も変えて転職して1ヶ月半というタイミングでの誕生日。

まさか何かしてもらえるなんて思ってなかったんですけど、ちょっとびっくりしました。

 

今、僕がいるのは本配属されて半月のチーム。

それまで1ヶ月間は別チームで研修させてもらってました。

簡単に言うと、

  • A〜Dチームがあり、Bチームの立て直しを僕がすることになる
  • しかしBチームが多忙な時期だったので時期をずらすことになる
  • 意識の高いAチームのリーダーの元で導入研修して視点を合わせることに
  • Bチームの現リーダーが1ヶ月後に異動が決まってるので時間がないから1ヶ月だけ

そんな感じだけAチームで1ヶ月研修。

 

そして3月半ばにBチームへ配属されるもすぐさま馴染む僕。

www.imotare.com

 

チーム外でも、社内イベントのチームリーダーを担当してチーム外の人ともコミュニケーション取ったり、ファシリテートしたりしていい感じに溶け込めたのかなと思います。

ちなみに社内イベントの二次会はホントリア充ノリでウンザリして社内チャットで愚痴ってたところ、Bチーム現リーダーにお誘いしてもらって食事に抜け出したりと、本当に上司とも先輩ともいい感じに付き合えていると思っている。

スポンサーリンク  

そして誕生日当日。

普通に仕事していたら、チームメンバー全員からそこそこしっかりしたお菓子やら、ケーキやらをいただいて驚き。

 

え、良いんですか?

好きになっちゃいますよ?

 

そして、チーム外の人達からも寄せ書きを頂きました。

寄せ書きの名前には、他拠点で会ったことがない人、同じ拠点だけど喋ったこともなければ顔も知らない人からも。

 

社内の業務連絡に使うチャットは基本的に社内メンバー向けにオープンなものとなっているため、そこを見て僕のことを知ってくれた人もいたらしく。

先述の、僕が仲良くなった先輩と親しい方々が「なんだあの強烈な新人は」ということで認知してくれているそうで、寄せ書きには「吐瀉夫さんのお笑いセンスの密かなファンです」とか書いてあったりして吐瀉夫感激。

こんなことして良いんですか?

好きになっちゃいますよ?

 

我ながら今回は、例の仲良くなれた先輩のキャラクターがとても良い効果を生んでくれたと思っています。

しかしながら、チームと会社に馴染むための立ち回りも今回良かったなぁと、この5年ほどで身につけた立ち回りの実践が成功したと確信。

スポンサーリンク  

僕は基本、怒られるまで好き勝手やる人間で、そこで会社でグレーとされるラインの見極めを行って、ルール化されていない「小さなやっていいこと」を見つけ、自分の居心地の良い労働環境になるように順応していくタイプです。

今の会社でもやってることで言えば…

 

■日報でふざける

今までなかった文化なんですが、毎日日報を提出する必要があるんですが、これはオープンなもので、社内全員が閲覧できるようになっているので、ちょこちょこフザケたコメントを残します。

だって楽しいから。無意味でも楽しいほうが書くモチベになりますしね。

■日報をサボる

先輩にはサボってらっしゃる人がいらっしゃるようで、評価にあまりつながらないのかも知れません。なので、ネタが無い時、気分が乗らない時は絶賛サボっています。提出するメリットがあれば出しますけども。

■全社朝会をサボる

毎日、緊急要件が無い限り全社員で集まって朝会をするのですが、話は聞こえるし、特に発言する機会がなければ、自分の時間を使うのがもったいないので業務に当ててます。チームのメンバー全員が朝会に行く中、僕は自席で作業しています。

■ファシリテートでふざける

チームでの朝会・夕会、MTGなどでは、今後の立ち回りや業務把握を考え自分に全ての進行を渡してもらうようにしました。

その中でやってるのは、どうせやるなら楽しくやりたいんでマジメ一辺倒にするのではなくフザケる雰囲気を作るために、率先してユーモアを盛り込んだファシリテートをしています。

スポンサーリンク  

とここまで見て分かったと思うんですが、基本的に僕がやってるのは2つ。

・合理性を考えてサボる

・非合理的だけどフザケる

この2つです。前者は反感・敵を生む行為になりかねないんですが、惰性・無駄が嫌いで気が強い僕は、効率化や撤廃をしていきます。

 

後者は結構大事で、自分のキャラクターのブランディングになっていきます。前者だけだと僕はマジで身勝手で気の強い嫌な野郎になりがちですが、面白くて柔和なイメージを与えるこの行為が前者の行いをカバーしてくれるし、「アイツならいっか」というブランドを作り出す行為だと思っています。

これらは5年ほど前に、偶然実践して見つけたブランディングなんですが、怒られてもクビにはならないし、給与が下がるわけじゃないからオススメです。

 

成果を出すために業務に没頭できるよう合理化、仕事を楽しむ環境づくりのためブランディング。

どうせやるなら認められたい・褒められたい。

マジメなだけより、フザケられる部分を見つけ出して、のびのびと仕事していけたほうが楽しいですからね。

 

33歳になったオッサンのくせに未だにこんなフザケた働き方してますが、今年度はガッツリ成果につながる働きをしたいと思っています。

明日は事業部のトップ二人に呼ばれて、今後の事業推進についての話し合いに参加してほしいってことで三人で会議があるのでメチャクチャわくわく!

明日からも仕事頑張るぞ!!