胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

アラサーのエンタメ系社畜が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

収入・給与だけが幸せではないと思うんだよね

オッス!オラ吐瀉夫!

今年の転職に伴い、5年ほど前の収入にまで落ち込んだアラサーサラリーマン!

しかしながら、収入の多さが幸せじゃねーよなーと感じています。

現代社会で働くサラリーマンの皆は、「収入を上げれば果たして幸せなのか?」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

今回はそういった話について、自分の体験を交えて書いていこうと思います。

スポンサーリンク  

僕の収入の推移

f:id:tosakax:20190114112031p:plain

おじぇじぇがほしい

えっと、もう恥ずかしげもなく給与を晒しちゃいます。

2018年12月まで:手取り35万

2019年1月転職:手取り46万

2019年2月転職:手取り30万

 

職種としてはプロジェクトリーダーというのが分かりやすいと思います。

どれも残業代込と思ってくださって大丈夫です。

高卒の地方在住としては、そこそこもらえている方だとは思いますが、昭和的な思考の持ち主のため、自分の年齢より低い収入に落ち込むのは正直、戸惑いはありました。

家賃・駐車場代が9万円を超えているため、奥さんを養う今の収入はちょっとカツカツですw

スポンサーリンク  

僕の幸福度の推移

f:id:tosakax:20190324182703p:plain

しあわせ

完全に主観となる幸せを感じる度合いで言うと…

2018年12月まで:幸福度40

2019年1月転職:幸福度10

2019年2月転職:幸福度70

こんな感じ。

 

残業時間も

2018年12月まで:40時間

2019年1月転職:70時間

2019年2月転職:30時間

こんな推移で、業務内容もこれまでのようなプレッシャーのあるものではなく、楽しくお仕事させていただいております。

収入が高く、労働時間が短く、それでいてプレッシャーのない仕事にありつけたらいいんですけどね(笑)

そんな仕事あったとしても、受かるのかどうかw

スポンサーリンク  

幸福度と収入の推移を比較

収入と幸福度

収入と幸福度

前々職、前職、現職でのもので、あくまで主観的幸福度ですが、収入を下げても幸福度は下がっていません。

こうしてみると、幸せは収入に比例していないのが分かりますよね。

もちろん収入が高いときの残業・休日出勤は幸福度に影響があると思います。

ただし、収入があればその点については心の余裕を持てるのは間違いありません。

しかしながら、休日を確保してしっかり休めて、幸せを感じている現在の生活ぶりを描いてみます。

スポンサーリンク  

現職での生活と前職時代の比較

誰だって穏やかに生きたい

僕のこれまでの仕事は基本的に残業が多く、定時がどの会社も19時退社でしたが、それぞれの会社での業務状況をまとめてみました。

 

前々職:2時間早く出社して帰りは22時が当たり前。休日も自宅で対応や緊急出社が当たり前。終電・終バスを過ぎることや、朝の寝坊ではタクシーをたまに利用。

前職:24時を回ることが多く朝6時まで業務もよくある。休日も朝から深夜まで仕事。ほぼ毎日終電・終バスを過ぎて疲れているためほぼ毎晩タクシーを利用。

現職:土日祝日は基本的に出社無し。平日は21時〜22時まで残業がチラホラ。

 

この時点で、前職は毎晩1400円のタクシー代が飛ぶので、休日出社を考えると毎月35000円ほど飛んでいました。

僕はお酒もタバコもギャンブルもやらないので、基本的にお小遣いはタクシー代に使っていました。

なお、経費申請という発想はありませんw歩いて帰れる距離だからです(徒歩30分はかかるけど)。

前々職はたまにってだけなので、10000円ちょっとかな。

スポンサーリンク  

また、前職は帰りが遅すぎて夕食がいるかどうか分からないので、ここでも食事代が無駄に発生してしまいます。

というか毎晩、何かしら食べていたし、奥さんは夜ご飯作るのが夕方だから、その時点で仕事終わり時刻の見込みがつかないので、基本食事を済ませていました。

だからここでも外食だったりで無駄に費用が膨らみますね。オフィス内のドリンクなどはフリーで安上がりだったものの、出費が増える要因です。

 

前職では、ネットフリックスやアマゾンプライムで趣味の映画やアニメを見る時間はもちろんありません。

PS4のPS Plusに入っていてもオンライン対戦をする暇はありません。

月額払っても利用できず!(笑)

 

ゲーム業界って本当に闇だな。

と思った日々でした(笑)

スポンサーリンク  

ワークライフバランスを考える

現在の会社でも残業はあるものの、これまでに比べたら天国だし、売上に追われるというより、作業に追われる感じでの残業なので、気が楽です。

男として、ガンガン収入を上げて出世して…というのも嫌いじゃない価値観ですが、働き方、幸せの形も含めて、人の生き方もそれぞれ。

 

やりがいを感じる仕事にトライして、やりきった感じに浸れながら家に帰宅して週5働いて、土日は仕事の連絡も無くゆっくり穏やかに過ごせています。

だから僕は、今の生活が気に入っています。 

 

仕事も休日も、”追われるもの”ではなく、”過ごせるもの”として暮らせる今に幸福を感じています。

 

仕事に追われて、今の生活に疑問を抱いている方は一度立ち止まって考えてみるのはいかがでしょうか。