胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

レーシックってどうなの?値段や費用に後遺症は?保険は使えるのか?そんな疑問の答えを調べてみた

スポンサーリンク  

オッス!オラ吐瀉夫!

メガネ歴は20年となるエリートメガネ戦士です(クイッ

そんな僕ですが、最近スポーツ選手のレーシック経験の話などを耳にする機会があり、ちょっと気になっていたので少し調べてみました。

せっかくなので、記事にしてみたんで気になる方は読んでいってね。

スポンサーリンク  

そもそもレーシックとは?

レーシックってどうなの?

レーシックってどうなの?

レーシックとは、特殊なレーザーを使って角膜を削ります。

これより角膜のカーブを変えることが出来ます。

そのカーブの変化によって視力矯正する手術方法です。 

 

長年、近視の視力向上にはメガネやコンタクトレンズの使用が当たり前でしたが、1990年代からアメリカなどの欧米諸国を中心に広まったそうです。 

レーシック手術って国民健康保険は使えるの?

まず大前提として、レーシックは日本国民なら大部分が加入している国保(国民健康保険)や会社勤めの方が加入している社会保険が使えません。

医療費控除は使える場合もある

レーシックは国民健康保険、社会保険が使えませんが、その代わり医療費控除を受ける場合に計上出来る場合があります。

医療費控除とは、1年間で医療費を一定額以上(10万円)支払った場合に、納めた税金の一部が返還される制度です。

※その代わり、社会人であっても確定申告をする必要があります。

ただし、レーシックを医療費控除の対象に認められるのは、メガネやコンタクトが使いづらい職業の方や、強度の近視等で生活に支障がきたす方のみに限られるそうです。

 

事前に税務署で確認を行うのが良いかと思うので、気になる方は最寄りの税務署へ連絡することをオススメします。

スポンサーリンク  

レーシック手術の費用・値段は?

気になる手術費用

レーシック手術は健康保険適用外の自費治療です。

病院やクリニックが自由に費用を設定しているため、費用は千差万別。

しかしながら、ある程度の費用相場はあるようで、僕が調べてみた感じの相場感を載せておきます。

レーシック手術費用相場:15〜20万円ほど
※検査費用が別途かかる場合があります
※上記の相場は両目共の手術の場合です

コンタクトを毎月購入したりしているのを考えると、コストパフォーマンスは良いと言えるのではないでしょうか。

また、施設によっては人数割引や学割などがある場合もあるので、最寄りのクリニックをいくつか調べてみると良いと思います。

ただし、気をつけておいてほしいのがやはり安全性を考慮した対応が出来る価格なのか…というところもあるので(もちろん、無駄に高い施設もあるかもしれません)、その点だけは十分に検討した上で選びましょう。

あのスポーツ選手もやってるレーシック

スポーツ選手と言えば、激しい動き故に眼鏡の使用がなかなか難しいですよね。

コンタクトもふとした衝撃ではずれたりしますし、そういった背景がある中で有名スポーツ選手もレーシックを行っている方々がいるようです。

海外ではタイガー・ウッズ選手などが有名ですね。

サッカー 本田圭佑選手もやってるレーシック

あの本田選手もレーシック手術を受けたことを公表しており、ドライアイになったものの、その視力矯正効果についてはかなりの太鼓判を押しています。

サッカーのようにピッチの上で一瞬で遠く離れたチームメンバーを捉える必要があり、接触が多いスポーツでは、眼鏡やコンタクトは不安ですよね。

 

一時期、本田選手のレーシック手術についてネガティブな記事や報道があったようですが、本人もそれを否定しており、術後1年間の検診で視力1.0をキープしていること明らかにしていました。 

卓球 水谷隼選手もやってるレーシック

最近、卓球の水谷選手が1年前からボールがほとんど見えなくなっている旨の発言をして話題になっていますよね。

実は5年前に視力が急激に落ちて、そこでレーシックを受けたそうです。

 

その後の活躍はご存知の通り、ロシアリーグで活躍。リオ五輪で初のメダル獲得。

さらに2017年には過去最高の世界ランキング4位となり全盛期を迎えました。

そして2018年に電光掲示板の光によって球が見えなくなる症状が出はじめて、あの報道に至ったということです。

 

しかしながら、レーシックとの因果関係は専門家にも診てもらって、問題がないことを確認しているらしく、視力が落ちた当時は電光掲示板が導入開始されたタイミングで、そちらとの因果関係があるのかも知れません。 

スポンサーリンク  

レーシックの後遺症や危険性といったデメリットは? 

f:id:tosakax:20190330232631j:plain

眼鏡ではダメなのか

眼球に手術をするってだけでとても不安になりますよね。

目って、一生付き合う大事なものだからこそ慎重になるものです。

ネット上では、術後しばらくして視力が低下したりするなどの声も聞かれます。

レーシック難民について

そういったレーシック手術後の後遺症に悩まされる人々は「レーシック難民」と呼ばれています。

光が眩しく感じて、日常生活が困難になって仕事ができなくなったり、家から出られなくなったり、ひどい場合にはうつ病になったとの声も。

また視力が矯正されすぎて遠視になったり、眼精疲労になる人や目に痛みを訴える人も。

信憑性は定かではありませんが、実際に被害に合っている人もいるのは間違いないようです。

また、角膜が薄い人は角膜を削りすぎると問題があるため、検査時にしっかり診てもらいましょう。

スポンサーリンク  

レーシックって乱視や老眼に効果あるの?

f:id:tosakax:20190330233845j:plain

いつかは誰しもが体験するであろう老眼

まず老眼について、基本的にレーシック手術では老眼の視力矯正は出来ないそうです。

主に近視・乱視の視力矯正として用いられるものとのこと。

しかし、一部の特殊なレーシック手術では老眼の視力強制も可能だそうで、日本国内でも対応している施設があります。もし老眼に対しての視力矯正に興味がおありなら、調べてみると良いでしょう。

僕の周りのレーシック経験者の現在

実は僕の周りには10年ほど前にレーシック手術を済ませた人が数人います。

お世話になってる会社の社長さんだったり、同僚だったり、職業や性別も様々ですが、少なくとも術後から長期間経過した現在でも視力の衰えや、目の不調、後遺症などは起きていないらしく、レーシックを受けてよかったと皆さん口を揃えて答えていることから、信頼できる施設・病院や医師なら安心出来るかも知れません。

口コミや評判をしいかり調べた上で、判断すると良いでしょう。

スポンサーリンク