胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

転職して、経営者・上司の存在の大きさ・重要性について改めて感じたこと

スポンサーリンク  

f:id:tosakax:20190726112548p:plain

オッス!オラ吐瀉夫!

30代前半ながら10社以上の転職を繰り返しているジョブホッパーだ!

去年まで働いたIT系ベンチャー企業でソシャゲプロデューサー・ディレクターとして3年勤め、その後も他のIT系ベンチャー企業で中間管理職としてお仕事している社畜です。

今の会社に入って早8ヶ月。

ある程度、いろんな人と顔見知りになったからこそ様々な話を聞き、会社の良いところ、悪いところを知り、僕なりの問題点を見出していたりします。

特に、去年まで働いていたIT系ベンチャー企業との比較になってしまうんですけども、従業員数が同じで、親会社が東京にある大手という点も共通しているため、ビジネスモデルの違いや、現場の雰囲気などで気になる点が多い。

そんな中で特に気になったのが経営者と従業員の距離感。

基本的に、子会社社長は親会社の経営者〜その候補である社員があてがわれることが多いと思うだけども、ことベンチャー企業のようなミニマムな組織では経営者がプレイヤーであることが求められがちというか、経営者についていきたいと思う仲間たちが事業を回していくものと思っています。

スポンサーリンク  

僕も以前、社長・取締役・執行役員しかいなかった会社に4人目として参画し、半年後にはプロデューサーを任せてもらい、深夜まで取締役(後に社長に昇進)と二人で残業したり、徹夜したりしながら、毎年一緒にオフィスで年越ししたりしていました。

チームを率いるマネージャークラス以上の社員は、トップとの信頼関係があれば、キツい場面を乗り越える時に頑張れるんじゃないかと、自分の経験ながら思っています。

これがない場合、困難な場面でやり抜くことが難しくなっていくんじゃないかな。

今の会社では、社長と社員の関係性が良くなくて、なおかつ社長がプレイヤーとして働いている姿を見たことすらない社員ばかりで、信頼関係もなく…。

現場では従業員同士はとても仲が良く、しかも意識が高い人ばかりで、社員同士の関係性はかなり良好な会社です。

サークル活動や社内の環境改善など、皆が協力して楽しくやっているところで、僕自身「こんなに気のいい人達が集まる会社があるのか…」と驚きました。

それ故に、面接も人間性をかなり見ているため、通過率が低くて驚くところでもありますが…。

しかし、不満や愚痴を引き出してみれば、社長への不満が出るわ出るわ…。

僕はマネージャーなのもあって、社長と定期的に会議があったりして話す機会がありますが、僕の部下は確かにその機会がなく、50人にも満たない会社で社長が一般社員と会話する機会は、月に二度ある社長から全体へ共有する話し合いの場のみとなっています。

しかも社長の判断・アクションがとても遅く、ビジネスモデルも親会社への人貸しに留まっていて、この会社ならではの価値を発揮できていない始末。

スポンサーリンク  

他の子会社は独自の事業を始めているにも関わらず、子会社内の他チームからの人事異動や組織改編の話を聞いたところ、このままでは来年から一層厳しくなってきそうな印象。

会社を変えるために、身を削る努力は創業者や初期メンバーにはあるかもしれないが、それ以外からすれば、他の良い会社に移ったほうが遥かに楽だから、他社へ転職する人もチラホラ現れている始末。

僕も、他社員が給与に不満を抱いている中、一回り以上多くもらっているので結果を出さねばならないところ、何も出来ておらず。

社長からも「胃もたれ沢さんが成果を出せるようなポジション・仕事を用意できていなくてすまない」と言われる始末…。

僕はまだ契約社員なので、もう無理だと思ったら切られちゃうことでしょう。

年内はとりあえず契約期間で、その次の更新についても大丈夫とは言ってもらえているが、そもそも誰も信用していない社長を信用するわけはないので、僕も何かしら考えなきゃいけないなぁと…。

個人的に、社内に可能性がある部門にコンタクト取ったりして、自分のスキルが活かせ、大きな成果を出せそうなものを探してはいるものの、事業そのもので新しいチャレンジがないと厳しそうな状態。

なんなら先輩である僕の部下(チームで一番仕事が出来るヤツ)から、転職相談を受けていたりするので、自分のチームの状態もどうなるか分からない。

他の部下も「転職するなら私達も連れて行って!面倒見て!」と僕に言う始末…。チーム内で一番の新人は僕なんですが…。

スポンサーリンク  

人は良い会社だが、組織としては骨を埋めたいと思えるほどの恩もないので、ダラダラと仕事しながら割の良い給料をもらいつつ転職サイトでプロフィールを埋める日々を過ごす他無いのか…って感じですね(笑)

今の社長は、実は2代目らしいのですが、社長をするつもりで本社から来た人ではないそうなので、正直本人も乗り気じゃないのかもしれない。

もうさっさと降りて、誰かに代わってもらった方が面白いことになるかもな〜なんて思っています。

なんか愚痴ばっかりになったんですが、仕事自体は前職ほど面白くないミニマムでスケールの小さいものだけど、チームメンバーとくだらないこと喋りながら楽しくやれてはいるんで、会社に行くのは好きです(笑)

何か変化があったら、報告できればと思います。

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

 
サイコパス 上司: 組織を滅ぼす真犯人たち (ビジネス書)
 
上司になってはいけない人たち (PHPビジネス新書)

上司になってはいけない人たち (PHPビジネス新書)

 

スポンサーリンク