胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

楽天モバイル料金が高いので解約してLINEモバイルに乗り換えた件【最大2ヶ月0円キャンペーン実施中】

オッス!オラ吐瀉夫!

普段からLINEモバイルを利用している僕ですが、奥さんは楽天モバイルを利用している我が家。

先日、料金の見直しをしてみたところ、やけに奥さんの携帯電話利用料が高いことが発覚。

解約してLINEモバイルへの変更をすることに。

料金の比較など含めて、メリット・デメリットについて調べた情報、LINEモバイルにした決めてについてをまとめてお伝えしようと思います。

解約した楽天モバイルの料金プラン

f:id:tosakax:20200302213827p:plain


上記は楽天モバイルのスーパーホーダイプラン。

楽天モバイルの料金設定は分かりやすく簡潔です。

我が家はWi-Fi環境があり、奥さんは専業主婦のため、データ通信で6GB以上もいらないと判断。

2GBのプランSを選んでいました。2GBを超えても最大1Mbpsで利用できるため、他社の利用制限速度より快適に利用が出来ます。
※ほとんどの格安MVNOでは速度制限時の速度は最大200Kbps

楽天会員なら1480円で利用できるのは他社と比較してもそこそこ安い…はずでした。

なお、スーパーホーダイとは別の組み合わせプランも存在。

10分かけ放題などのオプションがないシンプルなプランです。

契約したLINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルは2つのプランを組み合わせ使うモデルを取り入れています。

それは通話SIM or データ通信専用SIMに利用容量(○GB)を選ぶ月額基本利用料と、独自のデータフリーオプションと呼ばれるSNSのオプションの組み合わせです。

月額基本利用料

LINEモバイル月額利用料

LINEモバイル月額利用料

LINEモバイルではもちろん音声通話SIMを使うので、3GBのプランを選びます。

この時点で1480円となります。

楽天モバイルは2GBで1480円なのでLINEモバイルの方がお得ですよね。

データフリーオプション

続いて、『データフリーオプション』と呼ばれるオプションを選択。

こちらは、月額基本利用料での上限がある容量から、使用容量をカウントしないSNSを選択するオプションになります。

例えば、SNSデータフリー(+月額280円)を選択すれば、LINE、Twitter、Facebookの利用で使用する通信容量がカウントされなくなります。

SNS音楽データフリー(+月額480円)を選択すれば、LINE、Twitter、Facebookに加え、Instagram、LINE Musicでの利用で使用する通信容量がカウントされなくなります。

奥さんは3GBだけのプランで十分と判断し、LINEだけカウントされないLINEデータフリー(月額+0円)を選択。

スポンサードリンク

3Gほどの利用前提で料金比較

これまでの楽天モバイルから、スーパーホーダイSおよび組み合わせプランの通話SIM3.1GBプラン、LINEモバイルの通話SIM3GB+LINEデータフリーの料金を比較すると下記になります。


この時点で、LINEモバイルとスーパーホーダイSと比較するとメリットデメリットでは若干LINEモバイルが弱いのです。

LINEモバイルはLINEの利用がカウントされないだけ。

楽天モバイルは電話が1回の利用に10分までならかけ放題。しかも速度制限かかっても他社より早い1Mbps。

だからこそ、最初の契約の時に楽天モバイルを選択したんですが。

楽天モバイルの落とし穴

実は楽天モバイルのスーパーホーダイSには落とし穴があります。

それは「楽天会員なら1年間の割引がある」ということ。

その割引が実施されての1480円だということ。

ちなみにLINEモバイルは現在最初の2ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、継続して利用した場合は以下のようになります。

最初の12ヶ月間はLINEモバイルと楽天モバイルのスーパーホーダイは同じ料金。

ですが、13ヶ月目利用のタイミングで楽天モバイルのスーパーホーダイは一気に値上がりするので、やはりLINEモバイルが確実にお得です。

これが、今回LINEモバイルに解約した大きな理由となります。

LINEモバイルが割安&キャンペーンでお得

f:id:tosakax:20200302214904p:plain

先述したとおり、LINEモバイルは最大2ヶ月間の0円キャンペーンを実施しています。

対象は今回僕が選択したベーシックプラン3GB以上に加え、下記のいずれかデータフリーオプションを選択する必要があります。

例えば、SNSデータフリー(+月額280円)を選択すれば、LINE、Twitter、Facebookの利用で使用する通信容量がカウントされなくなります。

SNS音楽データフリー(+月額480円)を選択すれば、LINE、Twitter、Facebookに加え、Instagram、LINE Musicでの利用で使用する通信容量がカウントされなくなります。

しかしながら、SNSデータフリーを選んだ場合に月額利用料が2ヶ月無料になるのは大きいです。

1480円のベーシックプラン3GBの場合でも2960円お得になります。

LINEPay残高がもらえる

更には、今回のプラン(音声通話SIM)だとLINE Pay残高5000円か、LINEポイント5000円がもらえます。

LINEモバイルはLINEポイントでの利用料支払いも出来るため、これで合計7960円分お得になります。

キャンペーンの実施期間は2020/2/19(水)~ 3/31(火)までなので、申込みならお早めに。

 

スポンサードリンク