胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

Chromebook C101PAでChrome Canvasを使って絵を描いてみた

スポンサーリンク  

Chromebook C101PAでChrome Canvasを使って絵を描いてみた

Chromebook C101PAでChrome Canvasを使って絵を描いてみた

オッス!オラ吐瀉夫!

お絵かき好きなChromebook使いの僕、2018年末にGoogleがリリースした「Chrome Canvas」を使ってみたので、ざっくりレビューしてみようと思います。

「Chrome Canvas」とは

Chrome Cnavas

Chrome Cnavas

https://canvas.apps.chrome/

Chrome・Firefoxなどさまざまなブラウザ上で使えるお絵かきアプリ。

Googleアカウントに作品が自動保存されるため、メモを取ったりした際の、保存漏れなどがなく、色々な端末から簡単にアクセスが出来ます。

デバイス上でメモを取ったりお絵かきをすると、「保存をしないままアプリを終了してしまった……」という悲劇が起こりがちですが、Chrome Canvasはアカウントに作品が自動保存されるため、その心配がないのが便利な点。またアカウントとひもづけられているのでさまざまな端末から簡単に作品にアクセスできます。

スポンサーリンク  

カラーパレット周り

chrome canvasのカラーパレット

カラーパレット

モノクロ6階調と、赤・黃・緑・青緑・青・紫で3階調がカラーパレットに設定されています。

このあたりは自由に設定出来ると良いかも知れません。

せっかくアカウントで設定など保持できるんでしょうし。

Chrome Canvasカスタムパレット

カスタムパレット

なお、色は自由にカスタマイズ出来ます。

しかしながらパレットには反映されないので注意。

ペン周り

Chrome Canvasのペン周り

ペン周り

ペン(ブラシ)は鉛筆、ペン、マーカー、チョークの4種類。

消しゴムの1種類となります。

それぞれ透明度、サイズの設定が出来ます。

文字を描いてみた

ChromeCanvasで文字を描いてみた

文字を描いてみた

デスクトップPCとは違って、Chromebook C101PAはタッチ液晶なので画面に直で描けるからいいですね。

いわゆる線の”抜き”などはないものの、メモ程度には十分に使えます。

一応、ディスク型のタッチペンで描いてみたものが上記になります。

使ったタッチペンはこちら。

絵を描いてみた

ChromeCanvasで絵を描いてみた

絵を描いていた

線太めで汚くて恐縮ですが、落書きしてみました。

これだけ描けるなら、簡単なラフスケッチやメモには十分使えそうです。

ブラウザ上で絵を描くのは、昔からお絵かき掲示板などがありましたが、自動保存でアカウントに紐づけて保管できるのはとてもいいです。 

スポンサーリンク  

合わせて読みたい記事はこちら!