胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【6年間】猫を飼って気付いた後悔と反省点【これから猫を飼う人は気をつけてほしいこと】

当記事のリンクには広告が含まれています。

 

オッス!オラ吐瀉夫!

にゃんこ大好きサラリーマン!

Twitterや本ブログでも度々登場している愛猫のたいちもついに6歳を迎えました。

日々、最高可愛い記録を更新している我が家のたいち。

かわいい愛猫の写真

かわいしゅぎゆ

そんなたいちにも実は困っていることは沢山あります。

それは育て方を間違えたことによる猫の生活習慣が、自分たちにとってなかなかに辛いという問題です。

ただ、それはあくまで飼い主である僕ら人間の問題で、猫に責任は無いのです。

 

だけど、これから猫を飼う方々に同じような後悔をしてもらわぬよう、自分のしくじりをここに記そうと思います。

ケージから早期に解放し過ぎたことによる影響

ペットショップから迎え入れたばかりの可愛い猫の写真

天使か…?

これはペットショップから迎え入れた当日のたいち(生後2ヶ月)。

ケージもこれ↓を一緒に購入したというのに、あまりにもたいちが可愛すぎて僕が「もう今日から一緒に寝ゆ><」とワガママを言って開放。

ペットショップの店員さんは「1週間ほどはケージの中で飼ってくださいね」と言っていたのにも関わらず、この日からこのケージはただのトイレ置き場に。

このせいか、たいちは基本的に狭いところに閉じ込められるのを嫌がる子になってしまいました。

 

猫に自由を与え過ぎた結果

妻の肩に乗る猫

まだ1歳未満の頃はよく背中や肩に乗ってきた

完全室内飼いということもあり、なるべく運動させてあげたいのもあったため、結構自由にさせていました。

食器棚や冷蔵庫の上も登るのは当たり前。

それによって、天井のライトに手を伸ばしてイタズラしたりするので危なっかしくて困りました。

 

今はこの頃から引っ越して、冷蔵庫や食器棚には登れないように工夫をこらしていますが、猫よけは必須です…。

 

猫飼ってるのに猫よけ買うって…。

※ちなみに猫よけってこういうのです。

スポンサーリンク

猫の鳴き声に過剰に反応し過ぎた結果

可愛い子猫

かわゆしゅぎゆやん…

こんな可愛い子が鳴いてたら絶対構うやん?

世界一可愛いやん?

どんなイタズラしても許すやん?

欲しがるだけご飯あげるやん?

 

とまぁ甘やかしすぎた結果。

鳴けば構ってもらえる。

鳴けばご飯がもらえる。

 

そう学習した太一はご飯を絶えず要求してきます。

太った猫

こんなに大きくなりました

その結果、どんどん大きくなりデブ猫とまでは行きませんが、ぽっちゃり猫となってしまい、獣医さんからもワクチン接種の時の体重測定で苦い顔をされます。

 

脂肪が付きすぎた、というよりは骨格からしてデカいので

マンチカンってこんなにデカくなるんだ…とビックリしています。

 

7キロを超えてしまったので頑張って6キロ台まで戻しましたが、ダイエットのために与えるご飯をセーブしようとしても、ご飯の要求がすごいです。

 

猫の夜鳴きで寝不足に悩む日々

たいちの睡眠リズムは人間に合わせてくれません。

というか、合わせられるよう育てることを怠った結果です。

 

基本的に夜23時くらいに活発になり始め、我が家が眠りにつく24時頃にはうるさい事が多いです。

さらに、電気を消すと夜行性の本能が刺激され活発になりもします。

構ってもらえないからか、興奮しているからか、絶えず鳴き続けます。

ここでご飯を与えて気をそらすこともありますが、ダイエットのため、ほっとくことが多いです。

 

僕は仕事があるので妻がいつも相手をしてくれるのですが、

夜中の3時くらいにもご飯の要求があったりするので、妻は毎日寝不足に陥っています。

 

でもそんなたいちを妻は毎日「可愛い」と言って愛でています。

僕以上に愛情深いんだと思います。感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

 

飼い主との距離感が猫に与える影響

可愛すぎる愛猫

かわゆ。ちゅき。

たいちは人が大好きです。

そして基本的に僕か妻のいる部屋に来て移動します。

 

可愛すぎるので基本的には大歓迎していましたが、その結果、分離不安症的な問題が出てきました。

僕らが長時間家を空けると、トイレ以外で粗相をするなど問題行動を起こします。

そのため、泊まりの旅行は基本的にNGにしています。

以前、一度だけペットホテルに預けたことがあるのですが、たいちにとってはかなりのストレスだったようで迎えに行った時は、犬のように口呼吸してしまっていました。

それ以降、預けることはやめました。

一泊だけの旅行を試みたこともありましたが、たいちが心配になり、結局日帰りで帰りました。

 

たいちがこんな風になってしまったのも僕らの育て方が原因ですので、僕らは甘んじて受け入れようと思っています。

でもこれから猫を飼う方々には、僕らのような後悔をしてほしくないので、少しでも参考になればと思いここに記しました。