胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【オレ的オススメ】宇宙人と遭遇するオモシロ映画5選!【MIBとか第9地区とかジャンル無視】

スポンサーリンク  

オレ的オススメ映画

オレ的オススメ

オッス!オラ吐瀉夫!

今年はMIB(メン・イン・ブラック)の久しぶりの新作である「メン・イン・ブラック:インターナショナル」が公開されるので、昨日からMIB1〜3を見ていた僕です。

いや〜宇宙人って素晴らしいですよね!

ということで、宇宙人が登場する映画の中で個人的にオススメな作品を紹介します!

コメディからシリアスなSFまでごった煮ですが、よろしければ見ていってくださいね。

MIB(メン・イン・ブラック)シリーズ

皆さんご存知かも知れないですが、対宇宙人秘密組織MIBを描いた作品。

昔から、アメリカで都市伝説・陰謀論として語られていた宇宙人の話題の影に暗躍していたとされる黒服の男たち(メン・イン・ブラック)を、コミカルに描いた人気映画。

 

地球はすでに、1500もの宇宙人が移住しているが、人々は何も知らず、気付かず暮らしていた。

ウィス・スミス演じるニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズは、偶然ある宇宙人を追跡することとなる。その行動力をMIBの伝説のエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)に見込まれスカウトされることとなる。

 

全ての過去を抹消し、名もなき男、エージェントJとなったの物語。

スポンサーリンク  

The 4th Kind(フォース・カインド)

地球外生命体から子供を誘拐された母親のインタビューや記録映像と、その再現映像によるドキュメンタリー風な映画。

ドキュメンタリーって言うと、結構身構えたりつまんないと思う人もいるかもしれませんが、めちゃくちゃ面白いですこれ。

そして恐い。怖い。

記録映像の真偽は不明ですが、宇宙人による誘拐を描いた作品としてはとてもリアルで面白いです。

主演はバイオハザードミラ・ジョヴォヴィッチ。美人。

第9地区

SF映画好きなら知ってるかも知れませんが、「チャッピー CHAPPIE」や「エリジウム」で有名なニール・ブロムカンプ監督の作品。

映画の舞台は、エイリアンが飛来した南アフリカ ヨハネスブルグ。

 

エイリアン…蔑称として”エビ”と呼ばれる彼らは、市街地から離れたスラム地区に隔離されて、差別を受けながら暮らしていた。

主人公は、この”エビ”を管理する団体職員。とある日、この”エビ”らが隠し持っていた研究物質を摂取してしまい、徐々に姿が変貌していく。

 

これまで所属していた組織から様々な人体実験を受け、悲痛のあまり脱出する主人公。

”エビ”が住み着くスラム街に身を隠し、追われながら、主人公はやがて、地球に暮らす”エビ”達の世界を知っていく。

 

こちらもドキュメンタリー風に制作された映画ながら、差別・抑圧されるエイリアンと人間の関係は、舞台となった南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策を反映した歴史を再現している意欲作。

エイリアンの武器を使ってバトルするシーンはメチャクチャカッコよく、「チャッピー CHAPPIE」や「エリジウム」に共通するメカデザインで、かなり胸熱な作品!

スポンサーリンク  

スカイラインシリーズ

こちらは1作目「スカイライン-征服-」と2作目「スカイライン-奪還-」。

1作目では突如、世界中に青い光を放つ宇宙船が現れ、その光を見ると動きを奪われ、宇宙船に運ばれてしまう。

運ばれた人間は脳を引き抜かれる。そしてその脳をロボットに搭載して動かしていた。

いわゆるロボットのCPUとして、人間の脳みそが使われていた。

妊娠している恋人ともに、宇宙船に運ばれた主人公ジャロッドは、恋人を守るために奮闘するも、脳を奪われ絶命してしまう。

 

主人公ジャロッドの脳を組み込んだロボットが起動した時、展開が一変する。

そのロボットにはジャロッドの自我が残っていたのだった。

2作目では主人公が変わる。

宇宙船に回収されてしまった警官である主人公マークは、前作でロボットとなったジャロッドとその恋人に遭遇し、協力することとなる。

ジャロッドの残した子は、地球を奪還する鍵となる存在になるのであった…。

 

個人的に、肉体を失っても、言葉を伝えることが出来なくなっても、ロボットとなって愛する人のために戦う姿が熱いと感じる本作。1作目のラストは胸が熱くなりました。

2作目はアクションに特に力を入れているのでエンタメ感強めで見やすいかも。ちとグロいシーンもありますがw

スポンサーリンク  

PAUL:宇宙人ポール

ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ』で覚えている方もいるであろうサイモン・ペッグニック・フロストが再びタッグを組んだ本作。

この二人が出ている、というだけで安心できる人もいるのではないでしょうか(笑)

 

UFOスポット巡りの旅に出たSFオタクのグレアムとクライブ。

そんな彼らが、ひょんなことから生意気な宇宙人ポールと遭遇し、彼を故郷の星へと帰す手助けをすることに。

ユーモアに溢れた宇宙人ポールと頼りないオタク二人組のロードムービー。


映画『宇宙人ポール』日本版予告編

この映画、本当に大好きでして。

笑えて、泣けて、爽やかな気持ちで見れるロードムービーというだけでも素晴らしいのに、そこに宇宙人モノという要素を入れながらも、ロードムービーの軸をブラさず安心して見れる作品です。

スポンサーリンク  

まとめ

ほんとは他にも紹介したい作品あったんですが、今回は5選で!

なんでかって?

もう眠いからです(笑)※執筆時23時

おじさん、24時までには歯磨いて寝たいの。

また、改めてほか作品も紹介するから!ほなまたね!! 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

映画好きにオススメ!大手動画配信サービス!

Huluは「2週間無料」のトライアル実施中!

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)。 

広告

Amazon Prime会員なら月額500円!

プライム会員の特典も使い放題でPrimeビデオや音楽が見放題・聞き放題で、Amazonでの購入時、送料無料サービスも利用できます。

広告

 

Prime会員になったことが無い方は31日間無料お試しも出来ます!
Prime会員の申し込みはこちらから!

※キャンペーンやセールの情報はブログ執筆時のものです。購入の際は実際の価格、情報などを確認してください。また、Amazon.co.jp は各キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。内容をよく確認してください。