胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【激安液タブ】3万円台で買える液タブでハイキューの音駒高校(黒研)を描いてみた【XP-Pen Artist15.6】

 

オッス!オラ吐瀉夫!

お絵かきをしたくて買った液晶タブレットXP-Pen Artist15.6で漫画ハイキューのファンアートを描いてみました!

XP-Pen Artist15.6で描くとこんな感じ

ハイキューの黒尾鉄朗と孤爪研磨

ハイキューの黒尾鉄朗と孤爪研磨

初めてハイキューのキャラ描いてみました…;

1時間位かかっちゃったぜ…。

毎週ジャンプ読んでまして、連載当初からハイキュー読んでますし、一度描いてみたいなぁと思っていたので、せっかく液タブ買ったんだからと描いてみました。

ファンの方にはお目汚しになってしまうかもしれませんが、楽しく描けましたw

ただ…やはり…

どうですか。似てないでしょう。

僕もビックリです。

ビビってしまって名前を絵に描いちゃったぜ()

僕は元来、ずっとオリジナルしか描いてこなかったので絵を似せるのが苦手なんですよ…。

(このセリフ前も言ったことあるような…w)

ということでハイキューをもし読んだことない人がいれば是非読んでください。

メチャクチャ熱くて面白いですよ!

ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなった。

Wikipedia「ハイキュー」より引用

f:id:tosakax:20180924001413p:plain

アニメ化もされてて、クオリティめちゃ高くて一気にファンも増えましたよね。

アニメの方は絵がシャープで綺麗ですが、漫画の方は個性的なタッチで躍動感が半端ないです。

個人的にはマンガ派なんですが、僕のタッチはあの絵は再現できないので、自分らしく描かせてもらいました←

これからもお絵かきはちょこちょこしたいので、また何か描きたいキャラクターいたら描いてみようと思います。

Amazon価格:¥37,999
※当ブログ執筆時の価格で変動することがあります

今回描かせてもらったのはこちらの液タブ!

液タブはマジで便利なので購入に悩んでる方はコスパが抜群に良いXP-Pen Artist15.6をオススメします。

そのあたりの記事はこちら!