胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ゲーム業界で働く社畜の僕が好きなものや、日々のあれこれを書いたり、気になったサービス・製品のレビューをしたりしてます。

【オススメ】液タブが今安い!激安2万円台で手に入る時代が来た!【XP-Pen Artist12】

スポンサーリンク  

オッス!オラ吐瀉夫!

以前、3万円代で購入できる液タブ(液晶タブレット)をご紹介し、自分でも実際に購入して使っていたのですが、それが『XP-Pen Artist15.6』。 

今回はその兄弟機種(姉妹?)である

『XP-Pen Artist12』をご紹介!

XP-Pen Artist12 
Amazon価格:¥27,500 

f:id:tosakax:20190803101541p:plain

4500円くらい安くなるのか…

そして現在更に20%OFFクーポン配布中!! 

2万7500円の20%OFFは22000円!!


※当ブログ執筆時の価格で変動することがあります 

※『XP-Pen Artist15.6』の購入記事はこちら

【激安液タブ】3万円台で買える液タブ『XP-Pen Artist15.6』の評価【購入レビュー】 - 胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

そもそも液タブとは?

f:id:tosakax:20190519093934p:plain

液タブとは、いわゆる通常のタブレットと異なり、イラスト等に用いる板タブと呼ばれるタブレットに液晶が搭載されたもの”液晶タブレット”を指します。

紙に描く感覚で線を引けるので、拘って絵を描きたい人やクリエイターの方々の必需品とも言えるアイテムです。

 

なお、iPadや他のタブレットなどのAndroid、iOSを搭載したタブレットとは異なります。

勘違いする方もいらっしゃるそうですが、液タブおよび板タブは、PCに接続して使用するものを指します。

スポンサーリンク  

なぜ液タブを買うべきなのか

f:id:tosakax:20190519100217p:plain

  • 絵を描いてる感じがする
  • 線が安定する
  • 慣れやすい
  • 持ち運びやすい

とありますが、まぁ本当に紙に描くのと同じ感覚で描けるから、慣れやすく線が安定するのは間違いないです。

持ち運びやすいかどうかは、液タブのサイズ次第でしょう。

f:id:tosakax:20190519101036p:plain

ちなみに僕が使っている『XP-Pen Artist15.6』はかなり大きいので、持ち運びは難しいですが、今回紹介の『XP-Pen Artist12』はミニマムで持ち運びしやすそうですね。

液タブはWACOM(ワコム)だけじゃない

f:id:tosakax:20190519095133p:plain

板タブ、液タブではwacomがメジャーどころですね。

僕も以前はwacomの板タブを長いこと使っていましたし。

しかしながら、wacomの液タブも6万もするのでなかなか難しいところではあります。

昔はこのwacom一強だったのですが、現在は比較的安価な海外メーカーも多数台頭。

今回紹介のXP-Penというメーカーや、Huionといったメーカーなども最近は元気。

スポンサーリンク  

XP-Pen Artist12の特徴

f:id:tosakax:20190519101509p:plain

ということで、XP−Pen Artist12の特徴を以下にまとめてます。 

充電不要の六角細軸デザインペン

f:id:tosakax:20190519102228p:plain

『XP-Pen Artist12』のデザインペンは、ペン先の反対側が消しゴムとなっているスタンダードなタイプ。

8192段階の筆圧感知

一番絵描きに嬉しいのは筆圧感知能力でしょうか。

5000段階以上もあれば十分な気がしますが、あればあるだけ嬉しいのは間違いないです(笑)

以下Amazonより引用です

作業中手の疲れやすい?
☞XP-Pen Artist12はシャーペンや鉛筆を握っている感覚六角細軸デザインペンP06を搭載されています。六角細軸デザインペンは握りやすく、ペン先は安定、8192筆圧レベルが高いので繊細な絵が表現できます。

ショートカットボタンは1つで、フラット形状なので、握りやすさ、描く心地よさが勝っています。


筆圧はしっかり8192段階です。ペンの芯はよく言われる芯の沈み込みはこのペンには無く、描きやすいです。

小さくても高画質なHD液晶

f:id:tosakax:20190519103915p:plain

XP-Pen Artist12の凄い所は、コンパクトなサイズなのに、表示解像度が1920×1080ドットもあって、最大表示色が1620万色のフルカラーを誇っているところです。

また液タブの画面には素手のタッチ機能搭載なし。

逆に素手のタッチ操作ができない事に気にする人は注意してください。

左利きの方にも対応しています。

11.6インチ型の液晶ペンタブなので、サイズは横364.11mm・縦218.87mm・薄さが11.5mmしかありません(スタンドは除きます)。

8192レベルの筆圧感知と266RPSにより、描画時のペンタッチを繊細にそして精確に反映してより自然で精緻なアートワークを表現できます。

スポンサーリンク  

パソコンとの接続も簡単

f:id:tosakax:20190519104715p:plain

こちらは『XP-Pen Artist15.6』とまったく同じですね。

一つのPC接続端子であるHDMIケーブルから電源用USB、液タブ用USB、PC用USBに分かれているので、USBの接続先だけお気をつけください。 

対応システム&対応お絵かきソフト

対応システム・OS:
Windows 7/8/8.1/10 (64ビット版を含む)
Mac OS X 10.10以降

対応お絵かきソフト:
Photoshop、SAI、Painter、Illustrator、Clip Studio、Open Canvasなどの主要ソフトに対応

openCanvas7無料プレゼントキャンペーン

f:id:tosakax:20190519110951j:plain

openCanvas7無料プレゼントキャンペーン再開!

購入されたお客様にWindows専用ペイントソフト OpenCanvasを無料プレゼント実施中とのことです。

詳しくはこちら 

まとめ:液タブ入門機としてオススメ

XP-Pen Artist12

遂にそんな時代

板タブ、液タブを利用している者として、学生時代から絵を描いていた人間として、特に学生世代にはオススメしたいと思える機種です。

学生にも手が届く価格帯の液タブで、ペイントソフト「オープンキャンパス」もついてくるとか、『XP-Pen Artist15.6』買った時もついてこなかったよ…。

コンパクトなので取り回しが効くし、このご時世、ノートPCで作業してる人も多いでしょうから、このサイズ感はマッチするのではないでしょうか。

気になる方は是非チェックしてみてください。

XP-Pen Artist12 
Amazon価格:¥27,500

f:id:tosakax:20190803101541p:plain

4500円くらい安くなるのか…

そして現在更に20%OFFクーポン配布中!! 

2万7500円の20%OFFは22000円!!


※当ブログ執筆時の価格で変動することがあります

 

合わせて読みたい記事はこちら!